閉じる
  1. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取…
  2. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポ…
  3. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹…
閉じる
閉じる
  1. YouTubeで稼げない人の共通点5選!
  2. YouTuberで稼ぐための5つの成功ポイント
  3. 仕事を辞めたい!後腐れなく綺麗に会社を退職する方法!
  4. YouTuberになるには?YouTubeで稼ぐための流れ!
  5. YouTuber収入ランキング!はじめしゃちょーの年収は?
  6. 最近話題の暗号通貨とはいったい何?
  7. サラリーマンの副業は時間がカギ!時間を作る4つの方法!
  8. どうしてアフィリエイトは初心者には稼げないのか
  9. ネットビジネスは詐欺なのか?稼げるのか?事態に迫る!!
  10. 転職で年収アップは見込めるの?賢い転職をする5つのポイント!
閉じる

マネーandビジネス

【保存版】「権利収入」徹底解説!いま最も稼ぎやすいビジネスモデルはこれ!

権利収入とは

権利収入という言葉

まずは「権利収入とは何か」からご紹介致します。名前だけを見てみると「権利」とあるので、まずイメージが浮かぶのが「著作権」に関しての収入ではないでしょうか。確かにこれは、権利を持っていることで著作物の使用者から利用料が支払われるので権利収入と考えられそうです。

しかし、そもそも権利収入とはどのような収入を指すのでしょうか。実は、「権利収入」という言葉には正確な定義があるわけではありません。言葉だけを見ても意味がなんとなくわかる分、驚かれる方も多いのではないでしょうか。ですが定義がされていなくても、これだけ知られている言葉ですので当然指すものはあります。

 

権利収入と不労所得

一般的には「権利収入」とは「不労所得」のことを指す言葉です。名前を比較すると「権利を持つこと」と「労働が無いこと」で矛盾は無く、そこから利益を得るということなので、同じ意味として使われるのもわかります。しかし正確には「収入」と「所得」は違う意味です。簡単に、所得とは収入から経費などを引いたもののことを言います。

ですがどちらも利益であると考えられるので、「大体同じ」と考えられます。ということで今回は「権利収入」についてご紹介する記事ですが、ベースとなるのは「不労所得」についての情報となります。つまり総合的に今回の記事のテーマを題するとすれば「『働かずに利益を得られる権利』を持つ方法について」となります。

 

権利収入の落とし穴

しかしこの権利収入には落とし穴があります。先ほどの「『働かずに利益を得られる権利』を持つ方法について」というテーマですが、前半の「働かずに利益を得られる権利」は確かに存在しますが、後半の「権利を持つ」は簡単なことではありません。これが権利収入についての落とし穴です。

つまり、結果的に権利収入を得ることは「可能」な一方、それは「容易ではない」ということになります。これは当然といえばその通りなことで、権利収入を得ることが容易であれば恐らくほとんどの人は働くことを辞めてしまいます。もちろん容易であるためその利益は大きく、十分な生活が送れるほどです。

しかしそのようなことは現実では例外を除き、まずありえないことです。ちなみにこの例外は「ベーシックインカム」という概念です。ベーシックインカムとは、生活に必要最低限の衣食住をまかなえるだけの金銭を、国から得られる権利が国民に与えられるという概念です。ちなみに現在ゲーシックインカム導入国はありません。

ありえないような概念ですが、世界的に話題になることもあります。そして、このような特例を除いては、権利収入を得ることは容易ではないということが肝に刻み込まれる必要があります。権利収入を得るということもビジネスと考えることができ、それが容易であれば市場が飽和し、すぐに利益が出なくなることもあります。 また、方法によって異なることがあるものの、権利収入を得られるようになっても多少の行動は付き物です。権利収入といえども、完全に放置していても収入が得られるケースは多くありません。しかし、権利収入を得られるだけの熱意と意欲があればそのようなことは気にならないことかと思われます。

 

しかし権利収入には夢もある

ここまで権利収入についてや「落とし穴」についてご紹介致しましたが、もちろん実現することができれば比較的自由に生活することが可能です。その自由を夢として権利収入への道を志している方も多いと思います。多くの権利収入は、収入をより増やしたり、維持するために行動が必要ですが、ほぼ放置することができるものもあります。

しかし先ほども述べた通り、権利収入を得られるだけの熱意と意欲があれば、空いた時間は収入を増やすための時間にあててしまうことかと思われます。このように、実現さえできれば効率良く収入を増やしていくことが可能なのも権利収入の魅力の一つです。ですので、リスクを考えられれば挑戦する価値が十分あるものです。

権利収入を構築するためのビジネス5選

著作権・コピーライト

特許権や商標権に並ぶ「知的財産権」の一つである著作権も、権利収入であると考えられます。音楽や書籍などにかかる「印税」も著作権使用料と同じ意味です。しかしこれは十分な収入を得ることが他よりかなり難しい部類に入ります。

しかし夢もあり、「残酷な天使のテーゼ」作詞で知られる及川眠子さんは「エヴァ」のおかげで、この四半世紀の年収が3,000万円を切ったことがないことや、パチンコの印税で年収が臆になったことを明かしています。これについては単純な難易度だけに収まらない難しさがありますので、詳細の後述は致しません。

 

ネットワークビジネス

ネットワークビジネスとはマルチ商法などの総称のことで、法的には「連鎖販売取引」といい合法です。よく違法だと勘違いされやすいですが、違法なのは「無限連鎖講」のことで、具体的にはねずみ講などのことです。そしてこのネットワークビジネスも権利収入を得ることができるビジネスです。

詳しくは後述致しますが、主に販売をしていくビジネスで、その特徴が会員を増やしていくことで収入が増えていくというものです。このことが「ネットワーク(人脈)」ビジネスと言われる理由です。このビジネスは販売力とコミュニケーション力が大切で、会員が増えていくと自分の販売以外の収入が増えていくという仕組みです。

 

不動産投資

不動産投資とは、土地や建物などの不動産の売買や賃借で利益を得ることです。そして今回は不労所得がベースの権利収入がテーマなので、「不動産の賃借」に注目します。具体的な例を挙げると「アパート経営」や「駐車場経営」などがあります。場合によっては労働という労働が無いのが魅力と言えます。しかし単純に物を作ったり販売することよりは難易度が高くなります。

その理由の一つに初期費用がかかるというものがあります。ローンなどが適用できる場合もありますが、全く資金が必要ないわけではありません。そして立地や建物についても良く吟味する必要があります。しかし一度軌道に乗ってしまえば収入はどんどん大きくなります。これについても詳細は後述致します。

 

株式投資

最近ではいろいろなビジネスが増えてきたものの、多くの世代にとって不労所得といえば不動産投資か株式投資が有名です。株式投資といえば、保有による配当利益や投機的な売買(短期ではデイトレード)ですが、今回はより不労所得に近い権利収入として、株式の保有による配当利益に注目致します。

これはそのままのことで、主に上場企業の株式を購入し、ある期間にわたって保有します。すると企業の収益によって主に年2回、配当による利益を得ることができます。これを多く得ることができれば当然利益は上がります。しかしそのためには多くの資金と、リスクの管理する力が必要になります。これについても詳細を後述致します。

 

ネットビジネス

先の不動産投資や株式投資より最近のビジネスであり、多くのネットビジネスでは「時間」、「場所」、「初期費用」の面で優れていることがあります。ネットビジネスとは主にインターネットを活用したビジネスのことで、一概にネットビジネスと言ってもかなりの幅の広さがあります。

そのような意味では先ほどの株式投資も、インターネットを使用して証券会社から注文ができるためネットビジネスと考えることもできます。他にも色々とネットビジネスはありますが、やはり作業や利益について効率の良いものが多くあります。そして始めやすいものも多くあり、それらについては詳細を後述致します。

年収 調べ方

株式を使った権利収入を得る方法

まずは株式を使って権利収入を得る方法についてご紹介致します。ここでは先の通り、投機的な売買ではなく配当利益、つまり「配当金」についてのご紹介になります。理由としては、こちらの方が「より労働らしくない」、「権利による利益」というものです。配当金とは「企業の利益の一部が還元されたもの」ということです。

この配当金を受け取るには、「株式の購入」が必要です。つまり自分が購入に当てた金銭のリターンと考えることができます。そしてその株式を保有していると、企業によって「年に数回」、「1株あたりいくらか」の配当金を受け取ることができます。配当金をもらえるのは年に数回ですが、多いのは2回ほどです。

もちろん企業によっては配当金が無いこともありますし、年に4回というところもあります。その場合の時期は、1回であれば期末決算時に、2回であれば半期決済ごとに、4回であれば4半期決済ごとに、というようになります。これらは企業によって違うので、しっかり確認しておくことが必要となります。

配当金は「配当落日」という配当が受け取れる権利がもらえる日から、「2~3ヵ月後」に受け取ることができます。つまりこの配当落日に株を保有していなければ、配当金を受け取ることができません。しかし配当落日よりも前から株を購入しておかなければ保有しているとは認められません。

どのくらい前かというと「4営業日前」であり、その日は「配当(権利)確定日」と呼ばれています。ちなみに、配当落日が多い時期としては2月から3月、8月から9月の月末付近です。つまり長期にわたって保有しなくても、特定の期間だけ保有することで配当金をえることができます。

また配当金においては企業によって違い、企業が業績により「1株当たりいくらか」と決めているのですが、1株あたりの配当金は数円から数十円ということが多く、たくさん株を購入しなければ大した収入にはなりません。そして1株あたりの値段も千円単位や万円単位まであるので、大量に買うには資金が多く必要なことがわかります。

 

[配当金による権利収入を得るコツ]

配当金による権利収入を得るコツには「配当利回りを考える」といったものがあります。配当利回りとは「現在の株価」に対しての「年間配当の割合」のことです。つまり配当金を受け取れるのが年に1回でも2回でも、金額によって得かそうでないかが違います。結局、それよりも最終的にもらえるのは高利か低利かが知りたいのです。

簡単に言うと、配当利回りは「株価が安くて配当金が高い」なら高く、「株価が高くて配当金が安い」なら低くなります。配当利回りの良い銘柄の株を買ったほうが得であることがわかります。配当利回りは平均が1~2%とされており、高くても5%程になります。つまり100万円分の株を購入し、配当利回りが5%なら、年に5万円の利益となります。 また、リスクを避けるコツとしては「配当の時期しか株を保有しない」というものがあります。株を購入するということは、ある程度のリスクを背負うことでもあります。例えば株価の低下です。株価が下がってしまえば、それに当てた資金が減ってしまったようなものです。そしてそのリスクは「時間」により多少減らすことができます。

 

[配当金による権利収入のメリット]

配当金のメリットは、「銀行に預けるよりも格段に配当利回りが高い」ということです。国内の有名なメガバンクの預金金利は、「高くても0.01%ほど」です。これは株の配当利回りの高い場合の5%とはかなりの差があります。例えば先ほどの100万円で考えると、こちらは「100円」となります。

株の場合は5%で5万円でしたので「500分の1」です。このように考えるといかに配当利回りが高いかがわかります。これが年単位で進むごとに差がどんどん広がっていきます。単純に考えると、5年では株の場合が「25万円」なのに対し、銀行預金の場合では「500円」です。その他のメリットには資金が増えれば単純に利益が増えることがあります。 また、配当金ではないですが「株主優待」というものがあります。これによってもらえるものは偉業に関した商品やサービスで、引換券の場合もあります。そして株主優待は保有株数が多いほど良いものになります。また、配当は課税対象なのに対し株主優待は基本的に課税はありません。そして不要となれば商品などを売ることもできます。

 

配当金による権利収入のデメリット

配当金のデメリットとしては、一つに「信用取引」では受け取れないことです。信用取引とは何かというと、自分の資金を元本として「証券会社から借りた資金」で取引することです。借りられる金額は異なりますが、自己資金の数倍の金額の取引が可能になります。これが活かされるのは売買益を目的にした場合です。

ちなみに、株で返済不能な借金を作ってしまうのはこの信用取引によるものが多いです。配当を受け取る場合の「現物取引」では自己資金分しか取引できませんが、企業の倒産や株価がゼロになっても、ほぼその購入に当てた資金分を失うだけで済みます。通常は株価が異常に下がる前に売ってしまうので極端な例です。

次にデメリットとして挙がるのは、「企業の業績悪化で配当は無くなることがある」です。配当金は企業の利益の還元と考えられますので、企業の業績が悪化した場合には減額されたり、無しになったりすることがあります。当然その場合は株価も下がっているため、その分は損をしたことになります。
不動産投資を使って権利収入を得るには?

不動産投資を使って権利収入を得る方法

不動産投資とは先でもご紹介した通り、利益を得るために土地や建物などの不動産を購入することで、利益の得る方法は「賃借」と「売買」がありました。ここでは不労所得がベースの権利収入がテーマなので、「賃貸」に注目致します。ちなみに「売買」で利益を得ることをキャピタルゲイン方式と言います。

不動産の価値は景気や需要の変化によって変わるので、その価値の変化に合わせて売買することで利益を出します。それに対して「賃貸」で利益を得ることをインカムゲイン方式と言い、不動産を貸すことによって利用料などを得ます。具体的な例としては「家賃収入」や「駐車場経営」などです。

 

不動産投資により権利収入を得るコツ

アパート経営であれば、コツとして挙げられるのは「中古アパート購入」です。中古であれば初期費用を抑えることもできますし、投資額に対しての利益、つまり利回りが良くなります。リフォームをする場合でも、できるところは自分でやり、必要最低限で済ませることで費用を抑えることができ、ワンルームでは特に容易とされています。 また、アパート経営でも駐車場経営でも同じことですが、初期の場合は特に「空きが多いことは命取り」となりやすいので、とにかく空きを作らないことがコツです。そのためには「都内の23区の駅近、できればワンルーム」にしたいところです。人口や利便性を考えて、最も空きができづらくなるのはその条件になります。

他には「不動産投資ローン」を利用するのもコツです。すでに不動産を所有している場合にはそれも担保にすることができます。審査は多少厳しいものの、融資をしてくれる銀行などの金融機関も多いので利用できれば費用が小額で済みます。審査で見られることが多いのは、資金、経営の利回り、現在の年収や勤務先などです。

 

不動産投資により権利収入を得るメリット

アパートや駐車場経営のメリットは、部屋が埋まっていれば安定して比較的高い収益を得ることができる点です。駐車場経営よりはアパート経営の方が利回りが良いことが多いですが、それでも銀行預金より高く、配当金よりも安定しています。もちろん場所と物件によって最適な賃料は変わりますし、空きがなければの場合です。

次のメリットとしては、「管理を丸投げできる」というものがあります。管理を代行会社に任せてしまうことで、自分が管理することはほとんどなくなります。また、賃料とは権利収入とは違いますが、相続税対策、自分に何かあったときに家族に残せる、などといったメリットもあります。

 

不動産投資により権利収入を得るデメリット

アパートや駐車場経営のデメリットは、まず「費用がかかること」といえます。ローンを利用できれば別ですが、ある程度の収益を見込める不動産の場合は、最低でも1,500万円以上が必要になります。もちろん収益はそこそことして、場所や規模を妥協すれば1,000万円以下となることもありますが、どうしても「空き」は避けたいことです。 不動産にかかる費用以外にも、税金、保険料、手数料、報酬などと、思いのほかかかる費用はあります。また他のリスクには欠陥の発覚や、地震などで新たな欠陥ができ費用がかかること、空きが多くて「ローンや費用で赤字」になることがあります。これについては管理代行会社が「空室保障サービス」をしていることがあり、利用するのも一つの手です。

この保障サービスを利用すれば「空きがあっても無くても定額」の家賃収入が見込めることがあります。また自分で不動産を管理する場合、家賃滞納で収入が遅れる場合があります。この場合、管理代行会社によっては代替や督促をしてくれることがあります。また、築年数の上昇や環境の変化で家賃を下げざるを得ないというリスクもあります。

ネットワークビジネスを使って権利収入を得るには?

 

ネットワークビジネスにより権利収入を得るコツ

ネットワークビジネスでは、初期の段階では権利収入が発生しません。それについては後述するとして、ネットワークビジネスでよくあるのは「化粧品や健康食品の販売」です。つまり第一のコツとしては「販売力を高める」ことがあります。このネットワークビジネスでは、今回の他のビジネスと違う点は「対人がメイン」というところです。

これがもともと得意な方であれば有利に進めていくことはできます。しかし苦手な方であっても不可能ではありません。通常の販売と同じようにコツは存在します。ネットワークビジネスでは主に知り合いを当たることが多いので、「自然」でいることがコツともいえます。

知り合いとして自然であれば、不信感を感じられることは避けられます。そして権利収入として大事なのが次の第2のコツで、それは「自分が会員を増やす」ということです。自分が会員を増やすと、その会員は「ダウン」となり販売活動を開始します。そしてダウンが販売に成功すると、自分にもいくらか利益が入ります。

この規模が大きくなればなるほど、自分の販売以外での収入が増えることになります。これが権利収入を得られると言われる理由です。実際には自分より先の会員「アップライン」と自分より後の会員「ダウンライン」をまとめた「グループ」のバランスが権利収入に関わることがあるのですが、基本的にはダウンを増やしていくことがコツです。

 

ネットワークビジネスにより権利収入を得るメリット

ネットワークビジネスのメリットは、なんといっても組織力と言えます。基本的にアップラインは、全体や自分の収入のためにダウンにコツを教えてくれますし、グループや大本の企業でセミナーを行っていることがあります。つまり始めは知識経験ノウハウがなくても向上心があれば成長していくことができます。
 

 

ネットワークビジネスにより権利収入を得るデメリット

先でも触れましたが、ネットワークビジネスをねずみ講だと思っている方も多く、そうでなくても怪しさを感じてしまう方は多いです。コツとして挙げた自然さがなければ、友人知人に怪しまれ、結果として人間関係に支障をきたす可能性があります。また、多くの販売をこなさなくてはならず、心理的な疲労が大きくなりがちです。 ネットビジネスを使って権利収入を得るには

 

ネットビジネスの種類

名前が「ネットワークビジネス」と似ていますが、ネットビジネスは「インターネットビジネス」のことで別物です。ネットワークビジネスは「人脈」を活用するのに対し、ネットビジネスは「インターネット」を活用します。このようなことから、ネットビジネスの幅はかなり大きなものになります。

ではネットビジネスにはどのようなものがあるのか、「権利収入に結びつくの主なもの」をご紹介致します。まずは「アフィリエイト」です。既に市場は飽和しているという噂もありますが、これはまだまだ伸びしろがあり、アイデアと努力次第とネットビジネスの代表格です。

これがなぜ権利収入につながるかというと、土台さえ作ってしまえば継続的な収入源となりえるためです。この土台を作ることが大変なのですが、作ることができればそのようなメリットがあります。この「土台」となりえるのが「ブログサイト」、「Youtube」、「スマホアプリ」などです。

次のネットビジネスは「情報データ販売」です。販売方法はフリーマーケットサイト、ネットショップサイト、ブログサイト、専門ネットストアなどがあります。これも「情報データ」さえ作ってしまえば、あとは自動的、もしくはほぼ自動的に販売することにより権利収入を得ることができます。

また「情報データ」といっても、最近では個人の「電子書籍」、「ノウハウ本」、「イラスト」、「音楽」、「アプリ」、「ゲーム」などなどあり、実際売れるものも多いです。ここでミソなのが「情報データ」であることです。情報データであれば一度作ってしまえば「仕入れ・在庫管理」などの労働に近い行動は必要ありません。

次のネットビジネスは「投資型クラウドファンディング」です。金銭的な見返りがあるので株の投資に近いですが、株式発行以外にも融資やファンドなどなどの方法があります。また「小額投資」や「高い利回り」という特徴があります。またソーシャルレンディングと呼ばれることもあります。

 

ネットビジネスにより権利収入を得るコツ

アフィリエイトや情報データ販売に言えるコツは「土台」を上手く作ることです。注目されたり興味が湧くような土台を作ることがコツで、逆にそれができなければ権利収入に結びつけることはできません。アフィリエイトであれば、広告を掲載するブログやYoutubeやアプリの内容を充実させます。

アフィリエイトは閲覧者あってこそのビジネスですので、まずは集客することができなければなりません。また情報データであっても同じです。品質の良い電子書籍、イラスト、アプリなどを創らなければ、購入してくれる人は増えず、結果として権利収入に結びつけるのが難しくなります。 投資型クラウドファンディング、ソーシャルレンディングであれば、コツは徹底的に投資先を調べることです。ネットを活用したビジネスだけあって、プロジェクト紹介の他に投資先はサイトやSNSなどで情報公開していることがあります。また実際に投資したという声も発見することもあります。このようなことなどから信用できるかどうかを調べます。

 

ネットビジネスにより権利収入を得るメリット・デメリット

上記のようにネットビジネスにはいろいろとありますが、メリットとデメリットは大まかにまとめて言うことができます。まずはメリットですが、1つ目は「時間」、「場所」、に囚われないということです。2つ目は「ビジネスの対象が全ネットユーザー」となることです。3つ目は「これからの多様化も望める」ということです。

次にデメリットですが、1つ目は「不特定多数と関わることになる」ということです。繋がり過ぎることでトラブルになるという可能性もあります。2つ目は「相手の信用が評価し辛い」といういことです。そして3つ目は「法・ルールが追いついていないことがある」です。ネットビジネスの多様化にはまだ対応しきれていないことがあります。

今の時代最も稼ぎやすいビジネスモデルは?

 

リスクや稼ぎやすさではネットビジネスが1番

今の時代最も稼ぎやすい考えられるのは「インターネットビジネス」です。先ほどご紹介致しました通り、「時間」、「場所」に囚われない働き方が可能です。これは一昔前では考えられなかった「進化」です。現代の多様化した価値観や生活スタイルには、同じく多様化したネットビジネスが相性が良いです。

しかも「ビジネスの対象が全ネットユーザー」となります。多少大げさに言うと、対象は世界となります。たとえローカルな事業者でも、ネットさえあれば「世界的なニッチ事業者」となりえる可能性があります。さらに、先のネットビジネスの部分では触れていませんが、「圧倒的低リスク」なのもネットビジネスです。

まずはアフィリエイトや情報データ販売ですが、これは「資金ゼロ」から始めることができるビジネスです。他の権利収入が得られるビジネスではほとんど類を見ません。そして資金がゼロであれば当然「金銭的リスクはゼロ」です。「可能性」と「リスク」で見てネットビジネスに匹敵するものは現段階では皆無と言えます。

また、投資型クラウドファンディング、ソーシャルレンディングでは、通常よりも比較的簡単に投資が可能です。通常の株式投資のような複雑なシステムを介さないことでこれが実現されています。そのため小額投資から始められ、なおかつ高い利回りを期待することもできます。小額であればリスクもそこまで大きくはなりません。

関連記事

  1. せどり コツ

    せどりのコツとは?初めてせどりをやる方が成功するためには?

  2. 転売 王道

    稼げる転売の王道とは?転売の基本と王道を大公開!

  3. 【気になる】アフィリエイトってスマホでもできるの!?

  4. アフィリエイトブログで稼ぐための人を惹きつける上手な書き方とは!…

  5. 株,初心者,本

    株の初心者が絶対に読んでおきたいおすすめの本5選!

  6. youtube,稼ぐ,仕組み

    youtubeで稼ぐってどういうこと?仕組みをシンプルにご紹介!…

おすすめ記事

  1. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポイントを徹底解説!
  2. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!
  3. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取り組むべきものは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る