閉じる
  1. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポ…
  2. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取…
  3. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹…
閉じる
閉じる
  1. YouTubeで稼げない人の共通点5選!
  2. YouTuberで稼ぐための5つの成功ポイント
  3. 仕事を辞めたい!後腐れなく綺麗に会社を退職する方法!
  4. YouTuberになるには?YouTubeで稼ぐための流れ!
  5. YouTuber収入ランキング!はじめしゃちょーの年収は?
  6. 最近話題の暗号通貨とはいったい何?
  7. サラリーマンの副業は時間がカギ!時間を作る4つの方法!
  8. どうしてアフィリエイトは初心者には稼げないのか
  9. ネットビジネスは詐欺なのか?稼げるのか?事態に迫る!!
  10. 転職で年収アップは見込めるの?賢い転職をする5つのポイント!
閉じる

マネーandビジネス

転売はどこからが違法?違法だったらどうなるの?

最近、副業として話題になっているのが「転売」です。転売というのは商品を仕入れて、それをヤフオクなどで売ることなのですが、よく見かけるのがライブのチケットなどですね。ただ、これって違法ではないのでしょうか。転売は違法ではないのか、また、どこからが違法なのかを今回はご紹介していきます。

 

転売とは

shutterstock_231376480

まずは転売とされる行為についての確認です。そもそも実体のわからないものに対して違法かそうでないかは判断が難しくなります。転売とは、一方から購入したものを他に売り渡すことです。つまり転売自体はかなり広い意味で使うことができ、リサイクルショップもネットオークションもフリーマーケットも転売と言えます。つまり「転売自体は何の違法性も無い」と言えます。つまりネットの検索エンジンで「転売」と入力して上位の候補に挙がる「犯罪」ですが、転売=悪ではないです。転売は大きく2つに分けることができ、それは「ビジネス」か「そうでないか」です。ビジネスである場合には「古物商の許可」が必要になります。

ここでいう「古物」とは大まかに言うと「一度使用されたもの」のことです。これには見るだけの美術品やチケット類なども入ります。このことから原則的に一般個人が持っているものはほとんど古物と言えることになります。逆に、卸売や小売が商品を並べている段階では一般的に古物とはされません。

では転売されるものにはどのようなものがあるでしょうか。これは先の「一方から購入したものを他に売り渡す」が転売であるということから、身の回りにあるものはほとんど転売された(小売店に)もので、これから転売することができると考えられます。現実にネットオークションやフリマアプリには珍しい商品が多く存在しています。

 

転売で違法とされる行為とは—やってしまうとどうなるのか

【保存版】ブログで収入が得られる?仕組み、オススメ方法も大公開!

古物商許可無しで転売ビジネス

転売自体は違法では無いということが分かりましたが、では転売が違法となるなるのはどのような場合なのでしょうか。先で古物商について触れましたが、ビジネスであるにも関わらず古物商許可を取っていなければ違法となります。ここでいう「ビジネス(営業)」とは、「反復継続して利益を得ようとすること」です。これは客観的に判断されるものなので、本人の目的がどうであれ実態がそのようであればビジネスとされます。ネットオークションやフリーマーケットがビジネスとされない理由は、「本人が使用目的で購入したもの」であり、また「基本的に反復継続されることではない」ので利益目的とは見なされないからです。

他にも古物商許可が無い場合には、個人から購入した物品を転売することは違法となります。先の通り、一度でも一般個人の手に渡ったものは原則的に古物でした。そして古物の販売には古物商許可が必要となるので、それが無い場合にしてしまうと違法となります。このようなことからも、転売ビジネスでは古物商許可が必須と言えます。では、古物営業法に違反してしまうとどうなるでしょうか。例えば「無許可営業」であれば「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」とされています。ちなみに古物商許可は2万円ほどあれば取れるようです。

 

ダフ屋行為とされるチケット転売

転売といえばよく挙がるのがチケットです。チケット類、特に有償チケット類に関しては転売ビジネスは難しくなってきています。というのも、迷惑防止条令などで「ダフ屋行為」が禁止されており、その他にもチケット転売自体が世論的に認められなくなってきています。ではダフ屋行為とはどのようなことを言うのでしょうか。

ダフ屋行為は、「転売目的でチケット類を公衆に対して発売する場所において購入したり、しようとすること」と「公衆の場でチケット類を他者に転売したり、しようとすること」とされています。つまりインターネットーオークションでのチケット転売は、「公衆の場」であるかどうかがグレーゾーンのため摘発が多くないような状況です。

とはいえ公衆の場でなければ、「余った」チケットの転売や「使用目的の購入」に関しては違法とされていません。ですのでネットオークションやチケット交換サイトではそのようなやり取りは多くあります。しかし先の世論的に認められなくなっている背景から今後減少する可能性が高い市場であると言えます。先の通りダフ屋行為は国の法律ではなく、各都道府県の条例で禁止されています。東京都の迷惑防止条令では違反すると「常習なら2年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金」となっています。

 

詐欺行為的な転売・偽者の転売

当たり前のことですが詐欺行為は犯罪です。例えば、実際に使用されたものを「未使用品」として販売すること、などは詐欺行為になります。また、商標登録されたブランド品の偽者も、本人が知らない場合であっても商標法に抵触する恐れがあります。これは古物商許可をとっていた場合には罪に問われないようです。しかし偽者であることを知っていながら販売すると、商標権の侵害に当たり「10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方を科せられる」とされ、さらに本物であるとして売れば詐欺罪も科せられ10年以下の懲役となります。

 

ということで今回は、転売ビジネスは違法なのか、そうではないのか、をお話ししてきました。自分は大丈夫だろう、と思っていると足元をすくわれかねないので自分がやっている行動が違法なのか、そうでないのかしっかり理解しておきましょう。

関連記事

  1. 転売 違反

    転売って何?違法なの?禁止なの?基本を押さえてから副業をしよう!…

  2. 株,億万長者

    株で一気に億万長者に!株をやるメリット・デメリット!やったほうが…

  3. 社会人,副業,アルバイト

    社会人が副業でアルバイトをしたらばれる?ばれない方法は?

  4. 年収600万を稼がなければならない理由

    年収600万を稼がなければならない理由

  5. 副業と住民税はどう関係してくるのか?

  6. せどり,ゲーム

    ゲームが趣味!そんな方にはせどりで稼ぐのがおすすめ!

おすすめ記事

  1. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポイントを徹底解説!
  2. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!
  3. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取り組むべきものは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る