閉じる
  1. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取…
  2. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポ…
  3. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹…
閉じる
閉じる
  1. YouTubeで稼げない人の共通点5選!
  2. YouTuberで稼ぐための5つの成功ポイント
  3. 仕事を辞めたい!後腐れなく綺麗に会社を退職する方法!
  4. YouTuberになるには?YouTubeで稼ぐための流れ!
  5. YouTuber収入ランキング!はじめしゃちょーの年収は?
  6. 最近話題の暗号通貨とはいったい何?
  7. サラリーマンの副業は時間がカギ!時間を作る4つの方法!
  8. どうしてアフィリエイトは初心者には稼げないのか
  9. ネットビジネスは詐欺なのか?稼げるのか?事態に迫る!!
  10. 転職で年収アップは見込めるの?賢い転職をする5つのポイント!
閉じる

マネーandビジネス

【徹底分析!】第二新卒で大手の内定をとることは無理なのか?

最近では、日本でも転職が当たり前になっていますが、そんな時によく聞くのが「第二新卒」という言葉。第二新卒で転職活動をして大手の企業に入りたい、という方はたくさんいらっしゃるでしょう。では、実際のところ第二新卒で大手企業の内定を取ることは可能なのでしょうか。今回は第二新卒の転職に関してご紹介していきます。

 

第二新卒で大手の内定をとるのは可能か不可能か

第二新卒者であるということは新卒として就職し、数ヶ月から数年の内に退職から転職することになります。ということは「転職してでもやりたいことがある」から「会社か自分に問題があった」といったような理由で第二新卒となった方が多いと考えられます。しかし、真の理由が後者であっても、第二新卒としては前者にならなければなりません。

逆に、前者にさえなることができれば「大手の内定をとることも可能」であると考えられます。この記事ではその理由についてを順を追って解説致します。ではまず、そもそもとして大手企業含めた全企業はどのような人材を欲しているのでしょうか。これから考えていくことで可能性が見えてきます。

 

大手企業が求める人材とは

大手企業含めた全企業としたのは、全体としての傾向を知るためであり、大手企業ではこの傾向が強く表れるからです。企業が一番欲しているのは「新卒」です。これは受け入れなければならない現実です。中には現代の実力主義を象徴したような大手IT企業もありますが、やはり大手企業含めた全企業としては「新卒」が第一という傾向があります。

現実を見ずして適切な対策をとることはできません。では企業はその新卒に何を目的に、何を求めるがゆえに「第一」とするのでしょうか。それは目的が「企業の存続」で求めるものが「若さ」です。これは大手であるほど強くなる傾向です。企業はまず存続を第一に考えなくてはなりません。企業の存続には経営力というものが大きく関わってきますが、その経営力を成り立たせているのは社員です。ではその社員のほとんどが高齢者となってしまったことを考えるとどうでしょうか。いつ大量に退職や辞職が起き、経営が成り立たない状況なるか分かりません。これは絶対に避けねばなりません。

ではどうするかというと、「若さ」を取り入れます。しかし上記のような状態にいきなり若さを取り入れても経営が成り立つわけではありません。なぜなら経験が無いからです。経験を育てるには長い年月を要します。その結果企業はどう対策をとるかというと、継続的に若さを取り入れます。そしてそれにより人が入れ替わり続けても企業が存続します。

このように、ただ単純に若さが力になるという理由がお分かり頂けたかと思います。また、現代では少子化も企業の人材獲得に拍車をかけているといっても過言ではありません。では企業の本音が分かったところで、第二新卒はどうでしょうか。実はこの企業の若さを取り入れる傾向と少子化の競争力は第二新卒にも力になります。

 

若さを活かしつつ大手への可能性を広げることができる

前章では企業の求める若さの重要性と、それが第二新卒に力となるということでした。ではなぜ若さが第二新卒に力になるのかというと、新卒の次に若い人材として注目されているのが第二新卒だからです。「既卒はどうなのか」という意見もあるかと思いますが、はっきり言うと企業によるところはあります。しかし「既卒」と「第二新卒」で比較した場合、第二新卒では就職に成功しているという点で違いがあります。企業によるというのは、これをプラスにとらえるかマイナスにとらえるかという違いがあるからです。では若さが欲しい企業と、比較的若い第二新卒にはどのような関係が成り立っているのでしょうか。

企業はまず、先ほども申した通り新卒を取り込みにかかります。しかし少子化による人材の取り合いや、退職されてしまうなどの理由で十分にそれが行われません。そこで求められるのが第二新卒です。若さでいうと新卒とでは数年しか違わず、企業の存続という長い目で見れば大した違いにはならないと考えることができます。そして先の既卒との違いでの説明の通り、第二新卒は一度就職に成功しています。これを活かさない方法はありません。しかし冒頭付近でも述べた通り、「何か問題がある」と思われてしまうというデメリットは存在します。これも受け入れなくてはならない現実の一つです。これもしっかりと受け入れなくては十分な対策を練れません。

確かに、前の会社に問題が無ければ自分に問題があるとも考えられます。例えば「転職してでもやりたいことができた」という前向きな理由であっても、自分についての理解不足であったり、社会についてのリサーチ不足とも考えられます。このような事実を前向きなイメージで覆い隠そうとしても、大手企業の採用担当には通用しません。

つまりデメリットであると思われていることは認め、では「これからどうするか」が第二新卒を活かすためのポイントです。あまり失敗を肯定的になるのは印象的におすすめできませんが、「経験を建設的に活かせる」ということは強みです。これを具体的かつ明確に伝えることができれば、単純に若さだけを売りにするよりは大手への可能性が開けます。デメリットをを認め、しかし前向きに、メリットを活かし、しかし等身大であることが第二新卒では大事なことであると言えます。

 

ということで今回は第二新卒での転職に関してご紹介していきました。転職は確かに不安になることが多くあるかもしれませんが、やってみなければ、何も始まりません。挑戦したいなら思い切って挑戦してみましょう。

関連記事

  1. 【転職】第二新卒とは?第二新卒の転職の仕組みを徹底解説!

  2. 第二新卒の転職!成功体験談から読み解くうまくいくポイント!

  3. 辞めれない会社をすんなり辞めることができる3つの理由!

  4. 第二新卒の転職!失敗事例から見る失敗しないためのポイント!

  5. 第二新卒,転職

    【第二新卒】転職を成功させるための2つの心得

  6. 転職,第二新卒,いつまで

    【第二新卒】転職時期っていつまで?第二新卒って?

おすすめ記事

  1. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポイントを徹底解説!
  2. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!
  3. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取り組むべきものは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る