閉じる
  1. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポ…
  2. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹…
  3. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取…
閉じる
閉じる
  1. YouTubeで稼げない人の共通点5選!
  2. YouTuberで稼ぐための5つの成功ポイント
  3. 仕事を辞めたい!後腐れなく綺麗に会社を退職する方法!
  4. YouTuberになるには?YouTubeで稼ぐための流れ!
  5. YouTuber収入ランキング!はじめしゃちょーの年収は?
  6. 最近話題の暗号通貨とはいったい何?
  7. サラリーマンの副業は時間がカギ!時間を作る4つの方法!
  8. どうしてアフィリエイトは初心者には稼げないのか
  9. ネットビジネスは詐欺なのか?稼げるのか?事態に迫る!!
  10. 転職で年収アップは見込めるの?賢い転職をする5つのポイント!
閉じる

マネーandビジネス

【第二新卒】転職を成功させるための2つの心得

第二新卒,転職

学生時代に就活をして入った会社でも、給料が思ったより低い、違う業界も見てみたい、というように転職を考える新卒生もいらっしゃるのではないでしょうか?そうは言っても、転職なんてやったことがない、という人がほとんどでしょうから今回は、第二新卒で転職を成功させるための心得をご紹介いたします。ぜひ納得いく形で働けるといいですね。

 

決して少なくない第二新卒について

第二新卒とは、主に大卒で就業後1年から3年で離職し、転職活動をする若手求職者のことを言います。25歳前後までが第二新卒という考えもありますが、企業によっては29歳までとしていることもあります。

 ・[大学のみの新卒就業者の3年以内離職率の推移]
  (出所:厚生労働省)
  『平成16年3月』(36.6%)
  『平成17年3月』(35.9%)
  『平成18年3月』(34.2%)
  『平成19年3月』(31.1%)
  『平成20年3月』(30.0%)
  『平成21年3月』(28.8%)
  『平成22年3月』(31.0%)
  『平成23年3月』(32.4%)
  『平成24年3月』(32.3%)

このデータから概ね3割は就業後3年までに離職していることがわかり、その全てが第二新卒になるわけではないとしても、その数は少なくないことがわかります。単純に離職者が第二新卒と考えると10人中3人が将来的に第二新卒となります。

 

企業は第二新卒の採用に積極的?

shutterstock_340289432

第二新卒の方の中には「一度は退職してしまったから」と負い目を感じる方も多くいますが、「第二新卒歓迎」としている企業も少なくありません。企業の側は第二新卒の採用についてどう考えているのかを割合と併せて見ていきます。

 ・[今後一年間の第二新卒者※の採用見通し(2016年1月12日〜2月12日)]
  (出所:マイナビ転職)
  『本年よりも積極的』(18.1%)
  『本年と変わらず積極的』(44.1%)
  『本年と変わらず消極的』(12.8%)
  『本年よりも消極的』(6.4%)
  『今後一年間に第二新卒の採用はしない』
   ※第二新卒者を社会人経験1~3年目の若手社員と定義

このデータは1年間に中途採用活動実績がある企業のアンケート結果で、積極的と回答した企業は合計で「62.2%」、つまり6割以上となっています。このことから言って、企業側は第二新卒の採用について積極的であると考えられます。

 

第二新卒を受け入れる企業のメリット

第二新卒を積極的に受け入れる企業は多くあることがわかりましたが、企業側にはどのようなメリットがあるのかを調べていきます。企業は通常メリットの無いことはしないので、第二新卒を受け入れることにも当然メリットがあります。

『在学中に一度は就活を勝ち抜いた人材を受け入れられる』
『基本的なビジネスマナーや基本的な業務の教育コストが削減できる』
『新卒者に比べ企業とのミスマッチが少ない』
『上記のようなメリットがあり、比較的新卒に近い柔軟性がある』

主に上記のようなメリットが挙がりました。個別の企業ではなく、企業全体としての第二新卒に求められる人物像が見えてきました。ここでさらに、企業側は第二新卒の採用で何を重視するのかを知ることで、求められる人物像を明確にしていきます。

 

企業側は第二新卒の採用で何を重視するのか

第二新卒は新卒に大して少なくないことがわかり、さらにメリットがあるため、積極的に受け入れる企業も多くあることがわかりました。ここで企業側は第二新卒を採用する際に「何を重視するのか」を見てみます。

 ・[第二新卒※の採用で重視した基準(複数回答)2014年10月1日〜10月31日]
  (出所:マイナビ転職)
  『入社意欲の高さ』(41.5%)
  『一緒に働ける人材か』(36.5%)
  『社内と合いそうな人柄か』(33.7%)
  『実行力』(16.3%)
  『仕事に対する理解度』(15.3%)
  『第二新卒の採用は行っていない』(22.4%)
   ※第二新卒者を社会人経験1~3年目の若手社員と定義

このデータは1年間に中途採用活動実績のある企業のアンケート結果で、第二新卒の採用で最も重視したのは「入社意欲の高さ」で41.5%と最も多くなりました。2位は「一緒に働ける人材か」で3位は「社内と合いそうな人柄か」となっています。以上のことをふまえて第二新卒で転職を成功させるための心得を考えていきます。

 

第二新卒で転職を成功させるため2つの心得

shutterstock_380898682

1.『意欲・熱意は高くする』

採用で重視した要素で「入社意欲の高さ」がトップであったことから、この点は外すことができません。「働いてみて見えてきたこと」なども加えて「新卒のような意欲」を伝えることが大事なこととなります。また「適性」も重視要素で上位であったため転職先独自の魅力と自分の強みとの適性も、具体的に説明できると良いです。

2.『即戦力となる部分、そうでない部分を把握する』

数ヶ月でも働いていた経験があるので、当然のことながら期待される部分はあります。基本的なホウレンソウなどのビジネスマナーから、基本的なPCスキル、アピールできることは多くあります。アピールする際には実績などが具体的に説明できると良いです。ですが無いものを有ると言うことにはボロがでるリスクや入社後を考えてオススメはできません。足りない部分の把握とそれを補う明確な計画はむしろ高評価となることがありますので、自分をしっかり評価することが大事です。


ということで今回は、第二新卒での転職を成功させるためのポイントをご紹介していきました。転職は全く悪いものではないので、自信をもって転職活動に取り組んでみるといいですよ。

関連記事

  1. 第二新卒の転職!失敗事例から見る失敗しないためのポイント!

  2. 【必見】うざい、嫌いな上司の対処法5選!我慢するのはもう終わり!…

  3. 第二新卒の転職!成功体験談から読み解くうまくいくポイント!

  4. 【転職】第二新卒とは?第二新卒の転職の仕組みを徹底解説!

  5. 【徹底分析!】第二新卒で大手の内定をとることは無理なのか?

  6. 転職,第二新卒,いつまで

    【第二新卒】転職時期っていつまで?第二新卒って?

おすすめ記事

  1. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポイントを徹底解説!
  2. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!
  3. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取り組むべきものは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る