閉じる
  1. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取…
  2. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポ…
  3. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹…
閉じる
閉じる
  1. YouTubeで稼げない人の共通点5選!
  2. YouTuberで稼ぐための5つの成功ポイント
  3. 仕事を辞めたい!後腐れなく綺麗に会社を退職する方法!
  4. YouTuberになるには?YouTubeで稼ぐための流れ!
  5. YouTuber収入ランキング!はじめしゃちょーの年収は?
  6. 最近話題の暗号通貨とはいったい何?
  7. サラリーマンの副業は時間がカギ!時間を作る4つの方法!
  8. どうしてアフィリエイトは初心者には稼げないのか
  9. ネットビジネスは詐欺なのか?稼げるのか?事態に迫る!!
  10. 転職で年収アップは見込めるの?賢い転職をする5つのポイント!
閉じる

マネーandビジネス

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

「アフィリエイトは稼げない!詐欺だ!」

インターネットビジネスをしようと思ったことがある人は誰でもこのような言葉を聞いたことがあるでしょう。

代表的なネットビジネスの1つである「アフィリエイト」は本当に稼げないのでしょうか?

とはいっても、アフィリエイトは他のネットビジネスに比べて、少ない資金で取り組むことができるので稼げるのであれば、取り組んでみたい、という方が多いのではないでしょうか?

実際に、アフィリエイトで数十万稼ぐ人もいれば数百万、果ては数千万円まで稼ぐ人もいるのがこのネットビジネス業界の実情です。

では、そんな大金を稼いでいる人たちと、稼げない人たちはどこが違うのでしょうか?

と言うことで、今回は基本的なアフィリエイトの仕組みから稼げる人と稼げない人の違い、また初心者がアフィリエイトに取り組む上での始め方まで徹底解説していきます。

また、アフィリエイト以外のネットビジネスを知りたい方は総まとめをチェック!

【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取り組むべきものは?

 

Contents

アフィリエイトとは?

shutterstock_413527030

初心者の方にとっては「アフィリエイト」と聞いてもパッとどんなものかイメージできないのではないでしょうか?まさにパソコン1台でできる代表的な「ネットビジネス」の1つですが、どういったビジネスモデルなのでしょうか?

アフィリエイトの基本的な流れ

「アフィリエイト」は日本語に訳すと「提携」と言う意味を持っており、企業と提携、協力をすることであり、つまり、あなたが持っている何かしらの媒体(ブログやSNS、メルマガ)で企業の商品を紹介して販売するという仕組みになっています。

ちなみに、報酬が発生するのは企業と提携した商品が売れた時であったり、Googleが出している広告がクリックされたタイミングで発生します。

例えば、あなたが企業と提携して、5000円のダイエット商品を販売したとしたら、そのうちの半分である2500円があなたに入る、これがアフィリエイトです。

ネット上で 5000円の商品を売ってそれだけしか稼げないのか、と思う方もいるでしょうが、自分自身のブログやメルマガなどの媒体が大きくなってきてたくさんの人に読んでもらうことができるようになれば、売れる数も増えていき、報酬も格段にあがるわけです。

アフィリエイトする商品は、さっきのようなダイエット商品から英語系、車検、保険、クレジットカード、情報商材まで多岐にわたり、それぞれ報酬単価も大きく変わってくるので、しっかりジャンルを狙って媒体を大きくしていくことができれば、大きな金額だって稼ぐことは可能なのです。

「ネットビジネス=詐欺」というイメージがありますが、アフィリエイトは実際に企業の代わりに広告宣伝の役割を果たし価値を与えているので、まっとうなビジネスモデルです。

学習塾などで友達を紹介して入会しれくれたらプレゼントやキャッシュバック、という仕組みと全く同じで、アフィリエイトはそれをネット上でしているだけなのです。

 

アフィリエイトは本当に稼げるか?それとも稼げないのか・・・。

shutterstock_366750500-1

「アフィリエイトは稼げない・・・。」

「1年間、アフィリエイトに取り組んだけど、手に入れた報酬はたったの1万円・・・。」

ネットビジネスで「アフィリエイト」と検索をかけるとこのような「稼げなかった」体験談が多く出てくるのではないでしょうか?

ただ、サイトによってはアフィリエイトで月収100万円以上達成、だったり初心者が取り組みやすいビジネスなど書いてあることがバラバラで実際のところどうなのかわからない方も多いでしょう。

アフィリエイトは稼げるのか、稼げないのかという答えですが、結論から言えば、「稼ぐことは可能です」、もちろん月収100万円だって不可能ではないでしょう。

・・・しかし、月収10万円、20万円、100万円と大きな額を稼ぐには、後のメリット、デメリットの項目でも紹介しますが、知識が必要であったり、稼げない時期を我慢する忍耐力が必要だったり、相当な努力を要するものだと考えてもいいでしょう。

そこを耐え忍んで、乗り切って自分の媒体(ブログやサイト)を大きくした人だけが、稼ぐことができるビジネスモデルでもあるのです。

そのため、初心者の方でなんとなくやってみようかな、と思っている人は間違いなく失敗するのでやめておいたほうがいいでしょう。

絶対にあきらめない、どんな問題が起こったとしても解決策を探して稼ぐんだ、という人だけが取り組むべきビジネスであって、初心者にはオススメはできないでしょう。

ネットビジネス初心者の方にオススメなビジネスは、やはりシンプルな仕組みで、結果がすぐに反映し挫折もしづらい、不用品販売になります。

それでは、ネットビジネスの詳しいメリットやデメリットを見ていきましょう。

 

アフィリエイトのメリット

仕組みを作ってしまば短時間で大きく稼げる

サイトやメルマガでアフィリエイトをする場合は、仕組みができるまで、相当な労力と時間を要します。

多くの人はここで挫折をしてしまうのですが、挫折をせずにサイトを成長させることができた人の元には多くの人が訪れるようになります。

メルマガでも地道に読者を増やして発信し続けることができた人には強烈なファンが生まれたりするものです。

そうした努力が積み上がった先に、待っているものは「毎日勝手に人が来て、勝手に商品が売れていくサイト」や「あなたが勧めたものを欲しいと思うたくさんのファン」が出来上がり、ここまでいくと少ない労力でかなり大きな金額を稼ぐことができるようになります。

この仕組み化してしまえば、お金が勝手に入ってくる、という点は他の転売などのビジネスにはない点で、このメリットを求めてアフィリエイトに取り組む人も少なくないでしょう。

 

少ない資金で取り組むことができる

転売ビジネスなどでは「仕入れ」の費用がかかってしまいますが、アフィリエイトの場合はほとんど費用がかかりません。

ブログでアフィリエイトをする場合でも、無料で取り組むことができるので完全にノーリスクです。

とはいえ、ブログで本格的に稼ぎたい、というのであれば、自分でサーバーを借りてドメインを取得してWordpressのサイトを作成する方がいいでしょう。

多くの人がネットビジネスに取り組む際、失敗した時のリスクが怖いと考えるため、できるだけ最初は資金をかけないように、と考えるため「アフィリエイト」が真っ先に思い浮かぶのかもしれませんね。

確かに、アフィリエイトは資金がかからないので取り組み安いビジネスですが、その分結果が出るまでも時間がかかることは頭に入れておきましょう。

 

公式サイトに誘導すれば売れる

アフィリエイトは企業と提携して商品を売らなければならないわけですが、大きなメリットとしては、「企業が商品を販売してくれるページ」を持っていることです。

つまり、あなたがいちいちセールスする必要はなく、企業のサイトにアクセスを流してあげればいいわけです。

ネットビジネスで自分の商品を販売する「コンテンツ販売」では自分でお客さんを集めて自分でセールスをして、商品を販売しなければならないので相当難しくなります。

このセールスの壁が必要なくなるので、難易度は下がります。

あなたがすべきことは、多くの人がアクセスしてくれる媒体を集めて、販売する企業のページに飛ばしてあげることなので、自分の媒体を強くしていけばいいということになります。

 

アフィリエイトのデメリット

利益が出るまで時間がかかる

アフィリエイトの場合は、自分のブログやメルマガなど媒体を強くさせるためにある程度、早くても3ヶ月、平均して6ヶ月近くはどうしても時間がかかってしまいます。

その間の時間にお金が一切発生しない中で、ブログの記事を書き続けることができるか、ここが稼げるか稼げないかの大きなポイントになります。

また、アフィリエイトは資金がかからずに実践できるため、同じように実践するライバルも非常に多いので、サイトも上位表示されづらくなり人が集まらないのです。

多くの人は記事を書いているものの、中々アクセスが集まらず稼げるイメージがわかないため、やめてしまいます。

結果が中々出ないため、モチベーションが続かずにやめてしまう、これがアフィリエイトで稼げない最も大きな理由であり、初心者におすすめできないポイントとなります。

 

覚えることが多すぎる

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

アフィリエイトをする上で、覚えるべきことが多いのも挫折しやすいポイントでもあります。

ブログを作成したり、広告の提携をするためにASPという広告提携サイトに登録しなければなりませんし、記事も作成する必要もあります。

こういった作業はネットビジネスを始めたばかりの人にとっては相当な挫折ポイントになります。

ヤフオクでの不用品販売や転売ビジネスでは売るモノを出品して発送するという単純なので、初心者の人はアフィリエイトよりも不用品販売など結果が出やすいものから始める方がいいとも言われています。

稼ぐ以前の話で、仕組みがそもそもわからなくて進まずにやめてしまう、なんてこともよくある話なので自分にあっているかどうか考えてから取り組むようにしましょう。

また、サイトの検索順位を上げるためのSEOなどの仕組みも覚えておいた方がよく、突き詰めればキリがないビジネスでもあります。

ただ、もちろん、他の人も同じように挫折しやすい傾向にあり、こういった知識をつけてライバルに差をつけておくことで、利益を大きく上げることができるようになり、一気にメリットになるのでいいところもあり、悪いところもあり、と悩ましいビジネスモデルになります。

 

1人で取り組む場合、モチベーションの維持が難しい

ネットビジネスで稼げない原因の一番は「稼げなくて諦めてしまうこと」にあります。

特に1人でネットビジネスに取り組んでいる場合、モチベーションを維持するのが非常に難しいです。

右も左も分からない上に、覚えるべきことが多く、記事を書いても結果にはすぐ反映されることはない。

いつ結果が出るのか分からないまま、ずっと作業を続けていくことは非常に難しいことでもあります。

そのため、もしアフィリエイトに取り組むのであれば、しっかり指導してくれる指導者にビジネスを教わるか、スクールなどで切磋琢磨できる仲間を見つけた方がいいでしょう。

こういったコンサルやスクールにはお金がかかるかもしれませんが、ずっと稼げないままさまようよりははるかにマシでしょう。

一刻も早く利益を生み出すことがアフィリエイト、いえ、ネットビジネスで挫折しないための大きなポイントとなります。

 

商品の登録先である「ASP」とは?

shutterstock_160868777

アフィリエイトをするためには企業と提携をしなければならないので、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に登録する必要があります。

ASPとは企業とアフィリエイターを結びつける仲介業者のことを指し、ASPのサイトには数多くに企業がダイエット商品やクレジットカード、車検や保険など様々な商品が登録されています。

この登録されているものと我々は提携を結んで初めて、アフィリエイトができるようになるわけです。

個人が企業のモノを紹介する代わりに、そこで発生した売上の一部を企業が個人に手渡している、ということになります。

ASPで人気なものには「A8.net」や「アフィリエイトB」などがあります。

ASPと提携して特定の商品を多く販売していれば、ASPの方から「特別単価報酬」を提案してくることもあります。

つまり、よく売ってくれるので報酬をアップしますよ、というVIP的な扱いを受けれるわけですね。

また、実績を残した人しか入れないクローズドASPと呼ばれるものもあり、こちらも報酬単価がかなり高くなっています。

つまり、アフィリエイトでは実績を出せば出すほど、周りがあなたを評価してくれ、さらに稼げるようになっていく、という仕組みでもあります。

 

ということでまずは、アフィリエイトに関して、全体像をご紹介いたしました。

取り組むか取り組まないかの選択のポイントはやはり、メリット・デメリットでも述べたように、「仕組みさえ作ってしまえば、お金がほぼ自動で入ってくる」という点と「覚えることが多く、結果が出るまで時間がかかってしまうため挫折しやすい」という点を天秤にかけることになるでしょう。

ハードルが低いゆえに、取り組みやすさはあるが、実は稼ぐためには大きな努力が必要なアフィリエイト。

全体像を述べた後は、詳しい種類やジャンルを見ていきましょう。

アフィリエイトの報酬タイプ

shutterstock_483561817

アフィリエイトと一言に言っても種類があるのはご存知でしょうか?

一般的に言われるアフィリエイトというのはモノやサービスを紹介して、それを見た人が購入してくれる成果報酬型のアフィリエイトになります。

しかし、実際のところ、アフィリエイトにはそれだけではなく、「広告をクリックしてくれるだけで報酬がもらえる」というクリック報酬型のアフィリエイトも存在します。

その点も取り組む上で稼ぐ金額を変えるポイントとなるので見ていきましょう。

 

クリック報酬型

クリック報酬型アフィリエイトは先ほども言った通り、サイトに来た人に広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生する仕組みのアフィリエイトになります。

皆さんもサイトを見ていたり、YouTubeを見ていれば広告のバナーを見たことがあるのではないでしょうか?

これがGoogleアドセンスと呼ばれ、クリックされた数に応じて報酬が決まる、というのものです。

つまり、多くの人が集まれば集まるほど、クリックされる確率が高くなって報酬もそれに応じて上がっていく、という仕組みになっています。

 

クリック報酬型アフィリエイトの特徴

shutterstock_388963531

報酬発生のハードルが低い

まず、このクリック報酬型アフィリエイトのメリットとして大きいのが、報酬が発生する条件のハードルが低いことです。

というのも、通常のアフィリエイトは「商品を買ってもらって初めて成果報酬が発生する」のに対して、こちらのクリック報酬型アフィリエイトは広告バナーがクリックされた段階で報酬が発生されます。

つまり、サイトを見ている人が実際にお金を消費しなかったとしても、報酬が発生するわけです。

もちろん、そんなに頻繁にクリックされるわけではありませんが、アクセスが数多く集まってくれば、その人の中に何気なく広告をクリックする人が現れるものです。これがクリック報酬型アフィリエイトの最大の特徴と言っていいでしょう。

 

検索ユーザーに合った広告が出てくるので取り組みやすい

このクリック報酬型アフィリエイトの場合、Googleアドセンスは「勝手に広告バナーを選んでくれます。」と言っても、適当な広告を選択するのではなく、サイトで検索をかけているユーザーに合わせて広告を選択してくれるのです。

例えば、ダイエットに関する情報を過去に調べていたのであれば、ダイエットに関するサプリや酵素ドリンクなどが広告バナーに登場します。

Googleが人々の過去の検索履歴からその人のニーズに合わせて広告を選択してくれるわけですから、サイトを作成する我々からすれば、広告を選択する必要がないのです。

つまり、Googleアドセンスのバナーを記事の中に貼っておくだけで、あとはGoogleが適当にジャンルを選択してくれるわけです。

 

このクリック報酬型アフィリエイトに取り組む場合は、「アクセスさえ集まれば、取り組むジャンルはほとんど何でも問題はありません」ので取り組みやすいビジネスといえるでしょう。

あらゆる情報を総合的にまとめたサイトや音楽や健康、病気など特定のジャンルに特化させたサイトでもいいので、取り組みやすいアフィリエイトとになります。

しかし、アクセスが集まりやすい「芸能系」の記事は著作権が必要になるので、もしホワイトに稼ぎたいのであれば避けたほうがいいでしょう。

芸能トレンド系の記事はアクセスが短期集中で集まりやすい分、著作権違反によりアドセンス剥奪だったりサイトへのペナルティを受けてしまうこともあります。

 

クリックあたりの報酬額が低い

このクリック報酬型アフィリエイトのデメリットとしては、やはり商品を購入されているわけではないので、通常の商品を紹介する成果報酬型アフィリエイトに比べてクリックされた時に発生する報酬が低いのがデメリットとなっています。

基本的に1クリックあたり何円と明確に決まっているわけではなく、いたずらなクリック等もあるので、そのクリックしたユーザーが広告先サイトでどのくらい滞在したのか、などが報酬を決める上での基準となっているようです。

とは言っても、アフィリエイトで1クリックあたりの報酬の額をこちらが決めれるわけではないので、このクリック報酬型アフィリエイトに取り組む場合はそこまで意識する必要はないでしょうし、そこを考えているだけ時間の無駄になります。

クリック報酬型アフィリエイトの1クリックあたりの報酬が低いことに嘆くよりも、稼ぎたければ単純な話、アクセス数が莫大に増えるサイトにするために努力をする方がはるかに有意義で稼ぐための行動といえるでしょう。

実際に、1クリックあたり20円〜200円のあたりだと言われていますが、アクセスが多いサイトを作った結果、クリックが積み上がって、その報酬だけで月に100万円以上稼ぐ人だっているのです。

こういったデメリットも受けいれた上で、どのようにしたらアクセスが増えるのか、を考えて「稼げるように」行動していくことが一番大事な姿勢でしょう。

 

クリック報酬型アフィリエイトの始め方

shutterstock_432311053

クリック報酬型アフィリエイトの始め方ですが、基本的な流れはGoogleアドセンスという広告を出稿してくれるサービスに登録をしてバナーをサイト内に設置するということになります。もう少し丁寧に説明すると、以下のとおりです。

1)ブログ・サイトを作成する
2)Googleアドセンスに登録する(2度審査あり)
3)審査に合格した後、広告URLを記事に貼り付ける
4)記事をドンドン投入してアクセスを増やす
5)クリックされ報酬確定

簡単な流れをご紹介しましたが、皆さんが気になったのがGoogleアドセンスの「審査」のところでしょう。

審査と言っても、あなたに広告を出稿しても大丈夫か、の審査であって基本的に毎日サイトに1記事投稿して、それを2週間でも継続して続けていれば、審査は承認されますのでご安心ください。

審査に合格したからといって、ホッとしてはいけません。

本当の勝負はGoogleアドセンスのアカウント取得後であって、いかにあなたのサイトにアクセスを集めるかが勝負になります。

クリック報酬型のアフィリエイトはなんといってもアクセスが命なので、それを増やすために何ができるのか、を考えて行動していきましょう。

 

成果報酬型アフィリエイト

shutterstock_466983722

では、次に成果報酬型アフィリエイトに関してご紹介していきます。

こちらがアフィリエイトはおそらく皆さんが一般的にイメージされているもので、商品を自分のサイトで紹介してそれが購入された瞬間に報酬として発生します。

サイト訪問者が商品を購入しなければならないので、先ほど紹介しました、クリック報酬型アフィリエイトよりも比較的難しい仕組みのアフィリエイトと言えるでしょう。

 

成果報酬型アフィリエイトの特徴

1件あたりの報酬単価が高い

クリック報酬型アフィリエイトに比べて、商品が実際に購入された時点で成約とする成果報酬型アフィリエイトは1件成約あたりの報酬単価は高くのが大きなメリットとして挙げられます。

例えば、ダイエットのための酵素ドリンクは1件成約によって2000円〜4500円が相場とされていて、これはクリック報酬型アフィリエイトに比べるとはるかにいいでしょう。

1件で2000円か、と思うかもしれませんが、酵素ドリンクに特化したサイトを作ってそこから様々な種類の酵素ドリンクが販売される仕組みを作って、1日5件でも売れるサイトにしてしまえば、1日に1万円、月収でいうと30万円になります。

ただ、簡単に言っていますが、ここまで成長するのにかなり時間と工夫が必要になるので、「簡単に30万円稼げる」とは言えないのが現実です。

しかし、報酬単価が高いというのはアフィリエイトに取り組む人にとっては大きなメリットとなることはまちがいないでしょう。

 

ジャンルを特化させたサイトの方が稼ぎやすい

shutterstock_407461237

クリック報酬型アフィリエイトの場合は、単純にアクセスを集めてさえおけば、Googleが勝手にその検索者に合わせて広告を設置してくれるのですが、成果報酬型アフィリエイトの場合は、そうはいきません。

というのも、成果報酬型アフィリエイトは自分自身で広告を選んで記事内に設置していくため、単純にアクセスさえ集めればいいわけではなく、「その商品に興味のある人」を集める必要があります。

そのためには、ある程度サイトのテーマを「ダイエット」や「クレジットカード」、「保険」というように特化させた方がいいでしょう。

皆さんもよく見ると思うのですが、クレジットカード総合まとめサイト、ダイエットサプリまとめサイトなど、私たちが普段、検索して情報を集めているサイトはほとんどすべて「アフィリエイトサイト」だと思ってまちがいありません。

特に、この成果報酬型アフィリエイトで稼ぎたいと思うのであれば、検索された時に「1ページ目に表示されるかどうか」が大きなポイントになります。

1ページ目でも、特に1番上がベストですが、ここに表示させることができれば、あなたのサイトは商品がなくならない限りほぼ永久的に稼ぎ続けてくれるサイトになるわけです。

 

ライバルが強力

成果報酬型アフィリエイトの場合は、ジャンルを特化させたほうがいい、という話をしましたが、そこでネックになってくるのが「ライバルが強力」であることです。

例えば、クレジットカードで検索した時に、1ページ目に表示されるサイト(主にランキングサイト)、が基本的にあなたのライバルになるわけです。

もしも大きな額を稼ぎたいのであれば、そういったサイトに勝って、そのサイトよりも上位に表示される必要があるわけです。

検索順位には、サイト内の記事の量、運営歴、サイトに来る人々の滞在時間など多くの要素が関わりあって決まるのですが、早くから始めていて、現在1ページ目に表示されているものが有利であることには変わりありません。

このサイトたちに勝たない限りは大きな報酬は見込めないでしょうが、たまにある記事が1ページ目に表示されてそこから商品が売れだしていく、ということもあります。

ただ、基本的な考えとして検索上位にならなければ、大きな収入は見込めない、そのために何ができるかを考えていく必要があるでしょう。

 

成果報酬型アフィリエイトの始め方

shutterstock_423324397

それでは、成果報酬型アフィリエイトの始め方を見ていきましょう。クリック報酬型アフィリエイトと大きく異なるところは、「企業ごとに提携申請を送る」という点になります。

1)ブログ・サイトを作成する
2)ASPに登録する
3)ASP内で広告を探し提携申請を送る
4)その広告をサイト内に貼り付ける
5)アクセスを集めて成約し、報酬を獲得

このような流れで基本的には成果報酬を獲得することになります。

ASPにも種類があり、広告もたくさんあるので自分のサイトのテーマに合わせて適切な広告を選んだり、いろいろな種類の商品と提携を結んでもいいでしょう。

 

代表的な3つのASPと稼げる10個のテーマ

アフィリエイトで広告の提携をするASPにもいくつか種類がありますので、今回は代表的な3つのASPについてご紹介いたします。

なお、ASPは1つのサイトで複数のASPに登録できますのでこれら全て登録してみても全然問題はありませんよ。

 

・A8.net

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

アフィリエイトと言えば、「A8.net」と言うほどのASPで、提携している広告の数では莫大な数を誇っています。

そのため、他にはない案件も登録できたりするので、登録しておいて成約が取れそうな案件があれば、紹介してみるのも悪くはないでしょう。

 

・アフィリエイトB

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

アフィリエイトBはASPの中でも利用者満足度が1位のASPになります。

特にいいポイントは多くの成約を取っていれば、担当がついて「特別単価報酬設定」をしてくれることです。

つまり、1件2000円の報酬を1件につき2500円に引き上げてくれることもあるわけで、たった500円かもしれませんが、月に100件売れば50,000円の差が出ますし、1000件も売れがなんと500,000円の差が出るのであなどれないでしょう。

 

・楽天アフィリエイト

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

楽天サイトも実はアフィリエイトのASPとして登録することが可能です。

しかし、実際に稼ぎやすいかと言えば、そうでもないのが楽天で、成果報酬が販売金額の1%〜10%だったりするわけです。

つまり、報酬が1%に設定されている10000円の商品を買ったとしても、報酬になるのはたったの100円だけ、ということになります。

ただ、楽天の場合は、広告をクリックしてから30日間は報酬権利が残っていて、他の商品を買ったとしても報酬が発生するので、そこをメリットとして登録する方も多いです。

 

では、次に稼げるテーマを見ていきましょう。

1位:FX
2位:脱毛エステ
3位:キャッシング
4位:車・バイク査定
5位:引っ越し
6位:酵素ジャンル
7位:ウォーターサーバー
8位:脱毛器
9位:ダイエット系
10位:育毛剤

稼げるテーマはこのようになっていますが、やはり稼げるジャンルほどFXの口座開設や脱毛エステ、キャッシングなど「行動へのハードル」が高いでしょう。

もちろん、その分、報酬単価も1件10,000円を越えるものまであり、高く設定されています。

このテーマで検索順位の上位に来てしまえば、かなり多くの報酬が見込めることは間違いありません。

とは言ってもライバルが多い、というのが現状なのでその点を考慮した上で取り組んでみるか決めるといいでしょう。

 

月収100万円以上のアフィリエイターが取り組むある商品

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

さて、実はですね、先ほど紹介したもの以外に報酬単価がずば抜けて高い商品というものがあります。

月収100万円以上のほとんどのアフィリエイターが取り組むと言っても過言ではないテーマの商品になります。

それは・・・「情報商材」です。

情報商材というのは、PDFや動画などで販売されるもので、「稼げるビジネス商材」から「ダイエット商材」、「モテるための恋愛商材」など多岐にわたって展開されているものです。

皆さんも見たことがあるでしょう、「たった1時間の作業で月収30万円・・・」、とできるかどうかは置いておいて、あれこそがまさに情報商材と言われるものです。

この情報商材を紹介する情報商材アフィリエイトの大きなメリットは報酬単価の高さであって、50%以上が相場で中には80%以上のものもあります。

つまり、あなたが報酬単価50%で30,000円の情報商材を販売すれば、半額の15,000があなたの手元に入ってくるわけです。

この報酬単価の高さに目をつけて、多くのアフィリエイターが実践して月収100万円以上を達成しています。

ちなみに、この情報商材のアフィリエイトをするには、「インフォトップ」や「インフォカート」といったASPに登録することで可能なので、ぜひ一度見てみてください。

 

ということで、報酬の種類に応じたアフィリエイトの種類をご紹介しました。

あなたがどんな「媒体」を使ってどんな広告を流していくのか、によってどれに取り組むか、は変わってくるでしょう。

もちろん、クリック報酬型と成果報酬型、両方を掛け合わせる人もいますし、それは今のあなたの現状や今後どうやってサイトを運営していくかなどの方針に応じて変えていくといいですね。

アフィリエイトの主なジャンル

shutterstock_394830715

アフィリエイトの報酬の種類や始め方についてご紹介していきましたが、次はどの「媒体」で広告を流していくか、になります。

今回はそれぞれに媒体に関してざっとご紹介した上で、初心者におすすめのアフィリエイト媒体をご紹介していきますので、この機会にアフィリエイトをしてみたいという方は是非参考にしてみてください。

 

トレンドアフィリエイト

shutterstock_397119622-1

難易度:★★☆☆☆
稼ぎ額の大きさ:★★☆☆☆
仕組み化:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆

まず、紹介いたしますのは「トレンドアフィリエイト」になります。

このトレンドアフィリエイトは主に、上記の「クリック型報酬」のアフィリエイトとセットで使うことが多いです。

紹介するアフィリエイトの中では比較的、取り組みやすいアフィリエイトの種類ともいえるのでオススメ度は高めの評価になっております。

基本的に書く内容は、「芸能系」で短期的な収益を狙うサイトか、「季節の行事」、例えば、クリスマスや卒業式などに合わせて記事を仕込んでその時期にアクセスの爆発を見込むというまとめ系サイトか、のいずれかが多いでしょう。

ただし、「芸能系」のサイトを作ってしまうと、短期的に稼ぐことはできるでしょうが、いつアドセンスを剥奪されても文句は言えませんので、おすすめするのはホワイトなやり方である後者でしょう。

前者は一気に稼げるが、削除リスクがつきまとい、後者はなかなか稼ぐまで時間がかかるが、季節によって爆発し削除リスクもなく、その記事が「資産」となって積み上がっていく、という特徴があります。

特にまとめ系のサイトであれば、各記事は幅広いので、そこまで苦労して書くわけではなく比較的取り組みやすいでしょう。

このトレンドアフィリエイト自体での稼ぎ額は月収100万円まで到達すればほぼ最高クラスとなります。

 

サイトアフィリエイト

shutterstock_112533923

難易度:★★★☆☆
稼ぎ額の大きさ:★★★☆☆
仕組み化:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆

次に紹介するのはサイトアフィリエイトになりますが、こちらもみなさんがイメージしている通り、サイトを使ったアフィリエイトになります。

トレンドアフィリエイトもサイトアフィリエイトの1つですが、ここではアドンセンスを使って稼ぐものをトレンドアフィリエイト、モノを紹介して成果報酬を得るものが収益の基盤となるものをサイトアフィリと明確に区切っています。

サイトアフィリの場合は、トレンドアフィリと違って、モノを紹介して成約を得る「成果報酬型」のアフィリエイトを組み合わせて使うといいでしょう。

紹介する「モノ」に合わせて、サイトのテーマを決めていきます、例えば、酵素ドリンクを紹介するのであれば、ダイエット中心のサイト・・・などですね。

このサイトアフィリエイトはトレンドアフィリとは違って、季節のアクセスやトレンドを利用しないためアクセスが非常に伸びにくく、半年間まったく稼げないなど普通、といってもいいでしょう。

しかし、じっくりじっくり記事を書いて育てていくことによってそのテーマ特化のサイトが上位に上がってくれば、サイトへのアクセスが集中し一気に稼げるようになることが大きな魅力の1つです。

さらに、1度検索順位で上位に来てしまえば、ほとんど落ちることはないので、資産としてずっと稼ぎ続けてくれるアフィリエイトとなります。

もちろん、このサイトアフィリエイトに取り組んでいる方は多いので、ライバルも必然的に多くなってしまうので、難易度は高くなってしまいます・・・。

稼げない時期が続くのに耐えて、努力し続けることができるのであれば、ぜひ挑戦してみる価値があるでしょう。

その際は、必ずライバルとなるサイトのリサーチを忘れずに行ってくださいね。

 

SNSアフィリエイト

shutterstock_362113709

難易度:★★★★☆
稼ぎ額の大きさ:★★★★☆
仕組み化:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆

SNSアフィリエイトとはその名の通りで、TwitterやFacebookを使ったアフィリエイトの手法になります。

TwitterやSNSを使って、自分のメルマガに集客をしてメルマガアフィリエイトにつなげる、という使われ方もありますが、ここではSNS上で商品を紹介する、と定義することとします。

SNSには非常に多くの人がいて、1日のうちに必ず何回かはチェックするなくてはならないサービスとなりましたが、そこで商品を紹介するわけです。

基本的に無料で取り組むには、Twitterのフォロワーを増やしたり、Facebookの友達を増やして自分自身で媒体を大きくしますが、現在はそのやり方にも限界があり、ほとんど稼げないでしょう。

では、どうやって稼ぐのかというと、そこで出てくるのが後にも紹介する「PPC広告」を使用したTwitter広告、Facebook広告と呼ばれる「広告」になります。

TwitterやFacebookに広告費としてお金を払うことによって、そのお金に応じて多くの人に見てもらえるようにする仕組みになり、まさにSNSとPPCアフィリエイトを組み合わせたものが現在の主流です。

お金を払って稼げるのか?と思いますが、自分の広告費と成果報酬の額の差がプラスになれば問題はないのです。

例えば、広告費に1日10,000円使用したとしても、1日で成果報酬3000円の商品が4個売れれば12,000円の売上となり、2000円の利益、つまり、(売上ー広告費)のそのプラス差額分は収益となるわけです。

ただし、これはあくまで理想的な例で、コツをつかむまではそんなにうまくいかないこともあり、広告費だけ消化されることもあるでしょう。

アフィリエイトの中でも広告を使うので少し上級者向けの手法で、さらに、広告費の「費用」が必要となるので、お金がない人は取り組めないことがデメリットとなります。

さらに、TwitterやFacebookが廃れてしまったら、稼げなくなるので永久に稼ぎ続けることができるわけではない、ということを覚えておきましょう。

 

PPCアフィリエイト

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

難易度:★★★☆☆
稼ぎ額の大きさ:★★★☆☆
仕組み化:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆

PPCアフィリエイトとは、「Pay Per Click Advertising」の略であり、クリックするたびにお金を払わなければならない広告を利用してアクセスを集めて、商品を紹介するアフィリエイトのことを言います。

上記の写真の赤枠の部分を見たことがあると思いますが、これがまさに「PPC広告」ということです。

このPPC広告はリスティング広告とも呼ばれ、Yahoo!やGoogleと広告掲載の登録を行うことによって検索結果に広告として表示してもらえるわけです。

この広告はサイト上に反映された時に課金されるのではなく、クリックされた瞬間に課金されるので、優れた広告ともいえるでしょう。

過去には単価の高い情報商材をPPCアフィリエイトで紹介して一気に月収200万円など達成した人もいるようですが、現在は情報商材をPPCでアフィリエイトするのは違反なのでそれはできないこととなっています。

先ほど紹介したSNSと広告費を使って広告費以上の売上を立てて稼ぐ手法ですが、それがまさにこのPPCアフィリエイトになります。

ただ、ライバルの多いキーワードで広告を出そうと思えば、たったのワンクリックで1000円以上が必要な場合もありますし、逆に、ニッチなキーワードを狙っていけば、1クリックを10円以下に抑えることも可能になります。

なぜわざわざ広告費を払ってまでアフィリエイトをするかといえば、広告として掲載されることによって大きなアクセスが見込め、結果を早く出すことができるからで、これが大きなメリットとなっています。

トレンドアフィリエイトやサイトアフィリエイトのデメリットの1つに「結果が出るまで時間がかかる」ということが挙げられますが、このPPCアフィリエイトはアクセス集めにお金を払うのでサイトの成長などは全く関係がありませんのでアフィリエイトのデメリットがなくなります。

PPC広告のイメージとしては、アクセス集めに1万円を払って2万円を稼ぐ、4万円を払って6万円を稼ぐ、30万円を払って50万円を稼ぐ、もちろん、案件や成約率によって稼ぐ額には変化が出てきますが、概ねこういったイメージを持っていただければ間違いはありません。

やはり、PPC広告を使ったアフィリエイトは、稼げるページの作成をする必要性と広告費に使うお金がかかるという点がデメリットとなりますので、初心者にはオススメはできないでしょう。

 

メルマガアフィリエイト

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

難易度:★★★★★
稼ぎ額の大きさ:★★★★★
仕組み化:★★★★★
オススメ度:★★★★★

最後に紹介しますのは、メルマガアフィリエイトになりますが、見てのとおり、すべての項目に「★」がついており、難易度は高いがものすごく稼げて仕組み化もできる、まさに理想的なビジネスモデルでもあります。

・・・しかし、先に言っておきますが、初心者は絶対にやらないでください。

初心者がいきなりメルマガを発行して稼ごうと思っても、99%稼げません。

というのも、このメールマガジンというのは、あなたが日々発行するメールマガジンを読む読者(ファン)に向けてセールスをして、商品を買ってもらう、という仕組みだからです。

ネットビジネス初心者の人が発行するメールマガジンを他の人が読むメリットというのは、どこにあるでしょうか?

もしあなたが英語や筋トレ、何かのスキルのスペシャリストであれば別ですが、そうでなければほとんどメリットはないでしょう。

さらに、メールマガジンの読者を集めるために、サイトを作ったりSNSで情報を発信したりとすることが盛りだくさんであるからこそ、難易度が非常に高いわけで、稼げるようになるまでも時間がかかります。

そのため、あなたがトレンドアフィリエイトやサイトアフィリエイトで稼げるようになった後に、その経験を生かした情報を発信すれば、アフィリエイト初心者の方にとっても相当有益な情報になり、あなたのメルマガに登録してくれるようになります。

このように、あなたが他の人に何か「価値のある情報」を提供できる存在になった後から、その情報を求めている人を集めてセールスをかけるというのが理想的な形になります。

それに、他のアフィリエイト手法と違って、メルマガアフィリエイトの場合は、自分から好きなタイミングで自分のファンにメールを配信できるので攻めの手法とも言われていて、取り組めれるようになればメリットも大きいわけです。

ネットビジネスを副業として、1年で1億円以上稼いだ「小玉歩氏」もこのメルマガアフィリエイトで稼ぎ出して、今では月に2000万円以上は「自動」で売上が立っている状況とも言われています。

ファンさえできてしまえば、あとは自分が良いと思うものを紹介するだけなので非常に効率もいいビジネスモデルです。

なお、メールマガジンには「ステップメール」という仕組みがあり、これは登録から自動で何日間に渡って配信される仕組みで、設定さえしておけば集めたファンに自動でセールスしてくれるので、まさに本当の意味での自動販売機とも言えます。

ネットビジネスに取り組んでいる人であれば、誰もが目指すべきところがこのメルマガアフィリエイトともいえるでしょう。

とは言っても、常にメールマガジンに登録してくれるような「集客スキル」と文章でファンを飽きさせない「コピーライティングスキル」、商品を購入してもらうための「セールススキル」を磨く必要があることを押さえておきましょう。

 

初心者にオススメのアフィリエイトと流れ

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

初心者がいきなりメルマガアフィリエイトやPPCアフィリエイトに取り組むのは、はっきり言って無謀とも言え、稼ぐことができず、挫折してしまうのがオチでしょう。

では、数あるアフィリエイト手法のうち、初心者は何をすればいいのか、ということをご紹介していきます。

あくまで、稼ぎ額を大きくしていくための流れとなっているので、ぜひ、アフィリエイトで大きく稼ぎたい、という人は参考に見てください。

 

まずは「稼ぐ実績」作りのためのアフィリエイトを

初心者がアフィリエイトで大きく稼ぐためのステップを紹介するわけですが、まず、はっきりとゴールを言っておくと、それは「メルマガアフィリエイト」である。

しかし、メルマガアフィリエイトでは「あなたのメールを読むメリット」が必要となります。

そのため、あなたは読者に有益な情報を提供できるように、まずあなたが「稼ぐ実績」を積む必要があり、ここがファーストステップとなります。

そこで、おすすめするのはやはり、アドセンスで大きく稼ぐことを狙うトレンドアフィリエイトか専門サイトを作って商品をたくさん紹介するサイトアフィリエイトでしょう。

どちらも本格的にやるのであれば、無料ブログではなく、必ずレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取り、Wordpressでサイトを作るようにしましょう。

ということで、トレンドアフィリエイトやサイトアフィリエイトで稼いでいく流れは以下の通りである。

1)サイトのリサーチ
2)サーバーをレンタル、独自ドメインを取得
3)リサーチに沿ったサイトをWordpressで作成
4)コツコツと毎日記事の更新しアクセスを集める
※トレンドアフィリエイトの場合は、Googleアドセンスを収益源にする。
※サイトアフィリエイトの場合は、サイト内で商品の紹介を収益源にする。

もちろん、Googleアドセンスと商品の紹介を織り交ぜて収益を獲得していく方針でもいいでしょう。

この流れの中で最も大事なのは、一番最初のリサーチとなります。

どんなサイトが一番上に検索で表示されるのか、文字数、デザイン、記事の流れ、構造など全てチェックするようにして、単純な話、それを上回るサイトを作り上げればいいわけです。

もちろん、クレジットカードやダイエットなどライバルが多いサイトは上位表示のサイトも相当強力なものなので、勝つのはむずかしいでしょう。

だからこそ、自分がつけいる隙があるサイトを探すためにもリサーチをするわけで、そこであなたのサイトの根幹、稼げるか稼げないか、までもが決まってくるわけです。

もし、このリサーチをしてみて、「あ、自分には無理そうだ」と思ったら今すぐにアフィリエイトは諦めて、不要品販売から転売ビジネスへとステップアップする方がいいでしょう。

アフィリエイトは初心者におすすめと聞いたことがあるでしょうが、それは資金面の話であって実際には相当な忍耐力と努力が必要となるわけです・・・。

ただ、それを乗り越えることができればあなたのサイトはまさに「資産」となって不動産の家賃のように毎月、定期的にお金が入ってくるようになります。

 

作ったサイトを極めて仕組み化したら次のステップへ

【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!

先ほどご紹介しましたトレンドアフィリやサイトアフィリエイトで稼げるようになったら、今度はその経験を活かしてあなたが価値のある情報を発信するための「情報発信者」になりましょう。

つまり、メルマガアフィリエイトへ移行するわけです。

PPCアフィリエイトやサイトアフィリもありますが、いろんなものに手を出すよりは自分の「これだ!」と決めたトレンドアフィリかサイトアフィリを極めた方がいいでしょう。

目安としては自分で何もすることなく勝手に月収50万円を稼ぐことができるサイトにしておけば、メルマガアフィリでも十分な成果を出すことができるでしょう。

実績が不十分であれば、やはりファンもつきませんので、誰もが興味を示すほどの実績が必要となるわけで、それは多ければ多いほどいいでしょう。

トレンドアフィリやサイトアフィリの次はメルマガアフィリに時間を使うことになるので、これらのサイトは勝手にお金が入って来るよう自動化しておきましょう。

基本的にサイトを使ったアフィリエイトは勝手にアクセスが集まっていくので、何もしなくても自動化にはなるのですが、定期的にサイトのチカラが弱くなっていないかのチェックは必須です。

次のステップとしては、「(トレンド・サイト)アフィリエイトで稼ぐ方法」ということでサイトを作成し、そこで人を集め、メルマガへ誘導します。

アクセスの集め方は、トレンドアフィリ・サイトアフィリでやったことと全く同じで、そこにメールマガジンへの誘導をすればいいだけです。

今はこの話が何のことかわからなくても、稼いでいざできるようになればわかるようになりますのでご安心を。

そして、そのメールマガジンにはあなたのファンが集まってくるわけで、日々飽きさせないように価値のある情報を発信し、定期的にメルマガ上でセールスをするわけです。

これぞファンを作り、メールマガジンでセールスをして売上を立てるメルマガアフィリエイトです。

ちなみにここで売る商品というのは、あなたが実践したアフィリエイトの商材がオススメです。

というのも、やはり実践者の経験から語れますし、有益なノウハウも提供できるからで、単純に売れやすい傾向にあります。

このように、ある手法で稼ぐことができれば、その手法における役立つ情報を教える存在としての立場を確立していくことが大事になってきます。

 

大きく稼ぐためにアフィリエイトからの卒業

メールマガジンでアフィリエイトをして終わり・・・というわけにはいきません。

情報商材のアフィリエイト報酬も1.2万円前後なので、あなたの稼ぎはおそらく月に100万円いくかいかないか、というところになっているでしょう。

しかし、もっともっと稼ぎたい、という方はアフィリエイトという小さい枠から飛び出て、まさに自分自身の経験を商品(コンテンツ)として販売する立場になっていく方がいいでしょう。

あなたが稼いで蓄積したノウハウをPDFや動画、音声として一度でも商品化してしまえば、再製可能でほとんどが利益となるわけです。

それをメールマガジン上で販売したり、別のアフィリエイターに販売してもらって利益を最大化していくのです。

これをまさに、コンテンツ販売、と呼びますが、その域まで達することができれば、稼ぎの額も大幅にアップします。

通常のアフィリエイトでは集客スキルで稼ぎ、メルマガアフィリエイトでは集客スキルと、セールススキルで稼ぎ、このコンテンツ販売は商品を自分で作って集客してセールスして、とステップアップする構造になっているわけです。

難しそうだな、と思うかもしれませんが、大丈夫、コンテンツ販売をする頃にはあなたのチカラは相当パワーアップしていますから。

さらに、他の人に稼ぎ方を教える立場として商品を販売できるようになれば、さらに大きな利益を獲得できるようになります。

 

もっと強烈なファンを獲得し稼ぐために「先生」となる

さて、コンテンツを販売できるようになったら、最後のステージへ突入します。

それこそが、アフィリエイトを教える「先生」「指導者」という立場になります。

このネットビジネスの業界では、ネットビジネスをセミナーや対面、チャット上で指導するスクールやコンサルというものがあります。

スクールであれば、半年期間で15万円〜50万円が相場となっており、1対1でビジネスを教わるコンサルの場合は、半年期間で30万円から高いもので500万円までが相場となっています。

つまり、このスクールやコンサルを運営する立場になれば、あなたの元には多くのお金と一緒にビジネスを頑張る教え子という仲間ができるわけです。

例えば、半年30万円のスクールを運営したとして、10人が入会すれば300万円の売上がたつわけです。

もちろん、お金をいただく以上は教え子に結果を出させる必要がありますが、それもコンテンツ販売をするレベルまで達しているのであればこそ、できることでもあります。

こういった指導者としての立場につくことこそがメルマガアフィリエイトの最終形態で、まさに「ファンビジネス」という名にふさわしいビジネスモデルでしょう。

あなたが圧倒的な実績を出し、強烈なファンができてしまえば、「これおすすめだよ」と紹介するだけで読者はその商品を購入してアフィリエイト報酬をもらうことができるようになるわけです。

そこまでいった姿がまさに、小玉歩氏や与沢翼氏なのです。

アフィリエイトと言ってもここまでビジネスを広げていくことができるので、まさに可能性しかないわけですが、もし取り組むのであれば相当な覚悟を持つベきでしょう。

 

ということで、初心者にオススメのアフィリエイトの流れをご紹介していきました。

自分自身がアフィリエイトで実績を出し、そのアフィリエイトに関して、価値のある情報を伝えれる存在になって、メールマガジンを発行しメルマガアフィリエイト。

その後は、自分自身の手法、ノウハウを商品化して販売、スクールやコンサルにつなげて強烈なファンを獲得するという流れでした。

実は、この流れというのは、小玉歩氏が勧めている「ネットビジネスのゴールデンルール」のアフィリエイト版となります。

本来の「ゴールデンルール」は初心者が最も結果を出しやすい不用品販売から始め、その資金で転売ビジネスに移行、そこで稼いで情報発信者としてメルマガ発行、コンテンツ販売からスクールとコンサル・・・という流れです。

この流れは取り組む難易度が低いものから順番になっているため、挫折をしにくいというのが大きなメリットで、今回紹介したアフィリエイトの流れも同様の特徴を持っています。

挫折のしにくい順で結果を出していき、稼いでいく、まさにアフィリエイト版の「ゴールデンルール」に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

初心者がアフィリエイトで稼げない8つの原因

shutterstock_342537272

圧倒的に行動量が少ない

アフィリエイトで結果が出ていない人で最も大きな原因は、「圧倒的に行動量が少ないこと」になります。

例えば、1日に1時間だけ作業する人と1日4時間アフィリエイトに費やす方ではどちらの方が結果が出やすいかといえば、それは言うまでもないでしょう。

アフィリエイトで稼ぐためには、1日1記事を執筆するのは当たり前だと考えて、できれば毎日2,3記事以上を投入できる行動量があれば、結果も出やすい傾向にあります。

 

アフィリエイトをすぐに稼げるものだと誤解している

ネットビジネス、特にアフィリエイトの場合は、「すぐに稼げるもの」だと誤解している方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際はサイトのチカラが強くなってアクセスが集まり収益化できるまでかなりの時間を要するのが実情になります。

こういった「楽に稼げる」という誤解が上記の「行動量の少なさ」に関係していることが多いので、「アフィリエイトで稼ぐには、毎日継続して記事を投入し続けて我慢し続けることを前提に取り組んでいくといいでしょう。

 

文章力が不足している

shutterstock_386845003

アフィリエイトで稼ぐためにはサイトを訪れてくれる人が必要で、その人に長い時間、多くの回数、滞在してもらわなければなりません。

しかし、文章自体がつまらなければ、サイトを閉じてしまう方も多くなってしまいますし、商品の紹介もスムーズに行えず収益化することは難しくなります。

そのため、ある程度の文章力、つまり、コピーライティングスキルは必要となるので、もし毎日しっかり記事を投入し続けていて時間も経っているのであれば、自分の文章を見つめ直すことも必要かもしれません。

 

アクセスが集まる前に諦めてしまう

アフィリエイトのサイトはだいたい、最初の3か月はほとんどアクセスが来ないものだと思っていた方がいいでしょう。

しかし、3ヶ月以上継続して記事を投入し続けていればサイトのチカラが高まってアクセスが急に爆発的に集まりだすことがあります。

この爆発が来る前に諦めてしまうので、稼げない方が大半となりますが、そこを踏ん張って更新し続けるとサイトのチカラも強くなってくるので耐えることも必要になります。

アクセスが爆発する基準としては、最低でも3ヶ月以上は毎日更新をしつづけ、記事数も100記事以上、ライバルの多いサイトによっては200記事以上は投入するようにしましょう。

 

サイトの構成やキーワードを考えずがむしゃらに取り組んでいる

アフィリエイトに初めて取り組む人がよくやってしまう失敗としてあげられるのは、何も考えずにとにかく記事を更新し続けることです。

記事を投入し続けることはアフィリエイトで稼ぐに当たって重要なことではあるのですが、どんなテーマでサイトを運営していくのか、どんなキーワードでアクセスを集めるのか、など考えずに取り組んでいることが失敗しやすい原因になります。

どのように収益を出すのかを明確にした上で、アフィリエイトする商品を決め、それに合わせてサイトの構成を決め、アクセスの集まるキーワードを集めることがポイントとなります。

 

デザインなど収益に関係ないところにこだわる

shutterstock_367268864

アフィリエイトは自分でサイトを運営するわけですが、稼げない人ほど、デザインを意識しすぎて肝心の記事投入が全然進まない、ということがよくあります。

アフィリエイトで稼ぎたいのであれば、「稼ぐための行動」をしなければ、稼げるわけがありません。

アフィリエイトにおいて稼ぐための行動というのは、質のいい記事を投入していくことになりますので、デザインを意識するのも大事ですが、記事の投入を最低限の行動としておきましょう。

また、早く結果を出す人ほど、サイトのデザインは外部委託(外注)してデザインをしてもらって、自分は記事を投入するなどひたすら前に進んでいる傾向にあります。

 

行動する以前に考えて結局何もしない

アフィリエイトだけでなく、ネットビジネスに取り組む人ほとんどに当てはまるのですが、「本当に稼げるのかな?」「このやり方は本当にあってるのかな?」等々、不安になってしまったり、考えすぎてしまったりして、結局何もできないということが往々にしてよくあります。

ネットビジネスは魔法ではありませんので、行動しなければ稼げるようになることはありません。

確かに不安になったり、考えてしまうことがあるかもしれませんが、前に進まない以上は稼げるわけがないので、その考えている時間を少しでもネットビジネスに当てるように努力しましょう。

 

何をしていいかわからない

初心者がアフィリエイトに取り組む上で、よくあるのが、「何をしていいかわからない」というもの。

しかし、今の時代であれば、インターネット上でいくらでも情報はありますので、分からなければ検索して調べるようにしましょう。

右も左もわからないようであれば、2,3万円する情報商材を買ってゼロから学ぶことをお勧めします。

ただし、「楽に稼げる」と謳っている教材は詐欺教材である可能性もあるので、そう言った種の教材は買わないようにしましょう。

最初にお金を払うのは抵抗があるかもしれませんが、悩みに悩む時間を無駄にしてしまうよりも、教材を買って疑問を解決させる方が賢明でしょう。

 

教材や指導通りに実践せず、我流を入れてしまう

shutterstock_219678397

教材を買ってもその通りに実践しない、指導を受けても言われた通りに実践しない、これもよくある稼げない原因の1つになります。

「私はこう思う・・・」だったり「でも・・・」という自分の思いはいますぐ捨てて、書いてある通り、言われた通りに実践しましょう。

なぜなら、あなたはアフィリエイトの分野で結果を出しておらず、教材や指導者は結果を出しており、アフィリエイトで稼ぐことにおいてはどちらが正しいかはいうまでもないでしょう。

勉強でもスポーツでもなんでも同じで、結果を出すには指導者にやり方を教わり、言われた通りに実践して、それを繰り返すしかないわけで、ネットビジネスでもそれは同じです。

 

と言うことで、初心者がアフィリエイトで稼げない原因をご紹介していきましたが、おわかりいただいたかと思いますが、結局のところ、ネットビジネスは魔法ではなく、自分自身の努力次第で稼げるかどうかが決まってきます。

自分が取り組むものを決めて、その分野の教材を素直に愚直に実践して、継続する、どんな物事でも同じです。

ネットビジネスはインターネットを活用したれっきとしたビジネスなので、楽に稼げるというイメージをいますぐ捨てて、毎日、愚直に努力を積み重ねていきましょう。

ここまでアフィリエイトに関する知識をご紹介してきましたが、最後にアフィリエイトで結果を残すために、収益を上げるためにできることをご紹介していきます。

初心者向けのアフィリエイトで稼ぐための基礎知識と、確実に検索順位を上げてアクセスを集める中級者向けのポイントをご紹介していきます。

 

【初心者向け】稼ぐために持っておきたいアフィリエイト基礎知識5選

shutterstock_363387998-1

まず、紹介するのは初心者向けにアフィリエイト、今回はトレンドアフィリやサイトアフィリなど、サイトを使用したアフィリエイトに絞って、稼ぐために必要な基礎知識をピックアップしてご紹介いたします。

アフィリエイトをするのであれば、最低限押さえておきたい基礎知識とマインドになりますので是非、アフィリエイトで稼ぐために参考にしてみてください。

 

アクセスが爆発するのは100記事投入と3ヶ月が最低条件

アフィリエイトをサイトで行うためにはアクセス数が必要となりますが、そこで最低条件として押さえておきたいのはアクセスが爆発するのは最低でも「100記事投入と3ヶ月後」が条件となっています。

つまり、10記事や20記事投入したからといって、そんなにすぐにアクセスが集まるわけではないことを押さえておきましょう。

ただし、あくまでも100記事というのは最低の基準で100記事を越えれば稼げるというわけではありません。

そうは言っても、ほとんどの方は100記事投入をする前に、アフィリエイトは稼げない、と諦めてしまいがちなのです。

しかし、サイトのアクセス数はこの条件を満たしてから、徐々に上がっていくのではなく、いきなり二次関数的に上がっていきます。

そのため、そのアクセスの爆発が起こるまでは我慢して記事を投稿し続けていきましょう。

だからこそ、この最低条件をクリアすることが必要条件であることを理解しておけば、継続して努力し続けることができるのではないでしょうか。

 

 

アクセスがあるキーワードで記事を書いていく

shutterstock_298266623

せっかく記事を書いたのに、その記事が検索されなければ、アクセスが集まることはないので意味はありません。

つまり、アフィリエイトにおいて大事なのは、「実際に検索されているキーワード」で記事を書いていくことになります。

では、どうやって検索されているキーワードを探していくか、ということになりますが、Googleキーワードプランナーという月間のアクセス数を調べることができる無料ツールを使うことを推奨いたします。

キーワードプランナーにキーワードを入れて、月間のアクセス数を調べるわけですが、基本的には月間300アクセス以上あれば一定のアクセスは見込めるので、それを基準に書く記事のキーワードを選定しておきましょう。

ただし、ダイエットだったりクレジットカードのような、多くの人がアクセスするキーワードはライバルが非常に多いので、複合キーワード(2語以上のキーワードを組み合わせたもの)でキーワードを選ぶようにしましょう。

複合キーワードに関してですが、後の中級者向けのポイントでご紹介いたします。

 

記事の文字数は最低でも1200字は必須

アフィリエイトで記事を書くときは、何文字でもいいわけではなく、最低ラインとして1200文字以上で執筆するようにしましょう。

基本的に、昔は800字以上であれば問題なく記事コンテンツとして価値があったのですが、今では多くの人がアフィリエイトに参入したため、ライバル争いが激化してしまいました。

そのため、800字では少し、コンテンツとして物足りないので、今では最低ラインは1200字とされています。

しかし、Googleはネット上にある多くのサイトの中から「コンテンツの豊富な記事」を検索順位の上位に持ってくる傾向にあるので、正直なことを言えば、1200字よりももっと多くの文字数で書けることが理想ではあります。

このどのくらいの文字数で検索順位として有利になるのか、はGoogleの評価基準も変わっていくため、一概には言えませんが、コンテンツとして質の高い記事を書いていくことが大事ということは頭の隅にでも入れておくようにしましょう。

 

パソコンの向こうにいる人を意識して書く

アフィリエイトやネットビジネスはパソコンと向き合っているので、人と関わらなくていいか、というとそれは違います。

アフィリエイトで多くのアクセスを集め、稼ぐために必要なことは、「パソコンの向こうであなたの記事を見てくれる人を意識して書く」ことになります。

ただ、記事を書けばいいわけではなく、パソコンの向こうにいる人が読みたいと思う文章や読み易さ、サイトの見やすさなど意識していく必要があるわけです。

人はどんな時に検索すればいいかというと、痩せたいという問題を解消したり、欲求を満たすための情報など「何かを知りたい」と思って検索をします。

つまり、記事の内容がそういった「知りたい」を満たしてあげる内容であればいいわけで、答えを示してあげれるような内容にしましょう。

 

毎日何があっても最低1記事、できれば3記事投入する

shutterstock_241243015

アフィリエイトでサイトに記事を書くのであれば、毎日、何があっても最低1記事は投稿するようにしましょう。

2日に1記事や3日に1記事であると、100記事に到達するのに200日や300日かかってしまい、これではアフィリエイトで全く稼げないだけで1年が経ってしまいます。

毎日1記事を最低ラインで投稿していれば、約3ヶ月で100記事まで到達することができるわけです。

しかし、結果を出すにはもっと早い方がいいのは当たり前の話で、できるだけ早く100記事には到達しておきたいですね。

毎日2記事ペースで投稿していけば、2ヶ月経たない程度で100記事に到達しますし、毎日3記事以上執筆すれば、約1ヶ月で100記事に到達します。

もちろん、100記事投稿すれば、必ずアクセスが上がるわけではありませんので、そこからもそのペースを維持して200記事、 300記事と増やしていくのがいいでしょう。

 

ということで、まずは初心者向けにアフィリエイトで稼ぐ基礎知識をご紹介していきました。

アフィリエイトで稼ぎたいのであれば、これらの基盤は押さえておいて、そこからいかに検索順位を上げていけるのか、を考えて施策を打っていきましょう。

では、検索順位を上げるために、どんなことができるでしょうか、中級者向けに検索順位を上げるためのポイントをご紹介していきます。

 

【中級者向け】検索順位をあげて収益を上げる7つのポイント(SEO対策)

shutterstock_280808684

検索順位を上げていくには「SEO」から目をそらしてはなりません。

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略であり、アフィリエイトをしているとよく見かける「SEO対策」というのが検索エンジンでより上位に表示されるために施策を打つことです。

このSEO対策というのが面倒くさい、という方がいるでしょうが、アフィリエイトで大きく稼ぐためには、避けては通れない道ともいえるでしょう・・・。

ただ、うまくSEO対策をすることができれば、あなたのサイトは特定のキーワードで検索した時に、1ページ目に表示される可能性が高くなりますし、もしかしたら1ページ目の1番上に表示されるかもしれません。

もし1ページ目に自サイトの記事が表示されたら・・・考えただけでアクセスが爆発して収益が上がりそうではないでしょうか?

これがまさにSEO対策で、多くの人は避けるので、逆にここのポイントを押さえておけば1人勝ちできるかもしれないので、やる価値は大いにありますね。

では、実際のアクションとしてどのようなことをしていけばいいのでしょうか、具体的に見ていきましょう。

 

ライバルサイトをチェックしてその記事よりいい記事を書く

アフィリエイトを実践している人で意外としていないのが「ライバルサイトのチェック」です。

そんなめんどくさいことしたくない、という方もいるかもしれませんが、このライバルチェックをするかしないかで、あなたのサイトが大きく成長するかどうかが決まる、と言っても過言ではないでしょう。

なぜならば、検索順位で上位表示されるには必ず、他のサイトよりも優れている必要があるから、です。

つまり、検索をしたときに出てくるサイトよりも優れていることで初めて検索上位に表示されるわけです。

では、何をもって優れているのか、と言いますとそれはGoogleが決めることで明確ではないのですが、基本的には文字数はどのくらいなのか、内部リンクの対策はどのような仕様になっているのか、対象キーワードの網羅性などを確認して調査すべきでしょう。

基本的には1ページ目に表示されているページよりもいいページを作る、という意識でコンテンツを作っていくことが大事になります。

1ページ目に表示されているサイトよりもいいページ、というとかなり質を意識しなければなりませんが、検索順位で1位を取る、ということはそこまでして初めて達成できることでもあるのです。

 

複合キーワードで検索順位上位を狙う

shutterstock_119544838

先ほど初心者の人が稼ぐための基礎知識で、「実際に検索されている検索キーワード」を記事内に取り入れていくことが大事、というお話をしましたが、その応用編となります。

通常、ダイエットや転職、クレジットカード、キャッシングといった検索キーワードを入れていくと、ものすごい量の検索数があるでしょう。

もちろん、こういったビッグキーワードにはライバルがうごめいていますので、検索順位で上位を狙うのは大変難しいです。

では、どうすればいいかというと、検索のキーワードを2語や3語と複合して選定していくことをお勧めいたします。

例えば、「赤ちゃん」というキーワードでも、「赤ちゃん 服装」、「赤ちゃん 夏 服装」というように別のキーワードで検索をかけていくことにより、より記事の中身が具体的になるわけです。

我々が何か知りたい時に検索する際も「アフィリエイト 始め方」「アフィリエイト 初心者 おすすめ」というようにキーワードを複合させることが多いので、この手法は実に理にかなっていると言えます。

キーワードが具体的になっているので、記事の中身もある程度絞られてきて、中身の濃い記事を書くことができるわけです。

もちろん、キーワード自体も複合させているので、検索数は少なくなってきてしまいますが、基本的に月間検索数が300以上あればそのキーワードで書いていきましょう。

 

検索順位を常にチェックして記事の修正を適宜行う

検索順位を上げていくために、するべきこととして、さらに自サイトの検索順位をチェックして自サイトの順位が下がった記事の修正や追記を行うことが必要になります。

あなたが記事を更新しているのと同様に、ライバルも記事を更新しているので、検索順位が下がってしまうこともよくあることです。

検索順位が下がってしまえば、アクセスも落ちてしまうので、その記事を時間がたったら、適宜修正するようにしましょう。

また、検索順位が低い記事を修正、追記して順位を上げていくことも大事ですので、余力があればその修正にも取り組んでいきましょう。

この検索順位のチェックと修正は毎日行えればベストなのですが、最初は記事の投入を優先して、アクセスが集まり出し、順位も落ち着いてきた時に取り組み始めるといいでしょう。

もちろん、最初から修正する必要がないくらいの記事を書ければいいのですが、最初はそういうわけにはいかないので、ドンドン記事を投入していき、実際の検索順位の反応を見て対策を立てていきましょう。

 

内部リンク対策をしてサイト内の回遊率を上げる

shutterstock_497119873

検索順位を上げるための内部リンク対策・・・聞いたことがあるでしょうが実際何のことかわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

内部リンク対策とは、自分自身のサイトの記事内に別の記事内のリンクを貼って、他の記事へ飛ばすことです。

他の記事を読んでもらってどういう意味があるのか、というと、多くの訪問者が長い時間、自分のサイトに滞在してもらえるようにするためです。

SEOにおいてサイトの滞在率やページビューは1つの指標になっており、平均滞在時間を長くしたり、ページビューをを増やしていくことによってあなたのサイトが高評価を受けるようになれば検索上位に表示される、というわけです。

よく記事中に見る、「関連記事」への導線がまさにこれで、そのページ飛べば、単純にページビュー数が増えていくので是非、取り入れてみましょう。

ポイントとしては、あるポイントについて詳しく書いてあげるように導線を作ってあげると、訪問者も自然にクリックしてくれるでしょう。

例えば、例としてあげると、「アフィリエイトで稼げない原因」という記事を書いたとして、稼げない原因を記事内で書いていくわけですが、最後、または文中に、稼げるようになるにはどのようなことをすればいいのでしょうか、と言って誘導文言を入れた上で「僕がアフィリエイトを始めて半年で30万円報酬を上げた7つの要素とは」といった記事を書いてしまえば、必然的にクリックしたくなるわけです。

このように、読者の「知りたい」という欲求に合わせて導線を引いてあげることが自然な内部リンク対策のキモとなるでしょう。

 

タイトルにキーワードを含め、対象キーワードを記事中で網羅する

アフィリエイトで検索上位に表示させる上で、大切なことはやはり「キーワードの網羅性」になります。

聞いたことがある人が多いでしょうが、狙うキーワードは必ず、タイトルに左から順に盛り込んでいきましょう。

そして、次に大事なのは「キーワードの網羅性」ですが、これは記事の前半にいかにその狙ったキーワードに関する情報が盛り込まれているか、がポイントになります。

記事のキーワードが「アフィリエイト」だとして、記事内がアフィリエイトに関係ないことが書かれていると、それはGoogleからも低評価を受けてしまうわけです。

だからこそ、記事の前半にはしっかりと狙ったキーワードとそのキーワードとセットでよく使われる言葉を含んだ文章にしていきましょう。

例えば、「アフィリエイト」であれば「ネットビジネス」だったり「始め方」だったり「稼げない」と言ったワードですね。

こういった関連語が多ければ、Googleもキーワードと関連した言葉を多く使っているいい質の記事だ、とみなしてくれるわけです。

とは言っても、最初からこのように網羅性を意識して書くのは難しいでしょうから、自然な日本語になるように記事を書いていけば問題はないでしょう。

ただ、こういった要素が検索順位に影響するんだ、ということだけでも頭に入れておくだけでも今後の記事を書く際に参考になりますね。

 

低品質・無関係なページを削除・修正する

shutterstock_195800432

検索順位はサイト自体の評価も関係してくるため、もしあなたのサイトに文字数の明らかに少ないサイトだったり、テーマとは全く無関係なページがある場合は、それがあなたのサイトの足を引っ張って検索順位を下げている場合があります。

そのため、低品質なページまたは無関係なページを削除してしまうか、修正してサイトにとって意味のあるページにしたほうがいいと言われています。

もしくはそのページを「noindex」にしてしまって、検索エンジンに表示させない、という手もあります。

このように自分のサイトを運営する上で、低品質、無関係なページを削除するだけで検索順位が大きく上がった事例もありますので、もし記事を大量に投稿しているのにも関わらず、アクセスが伸び悩んでいる場合は、自分のサイトの記事を見直してみましょう。

低品質、無関係かどうか、は自分の記事内のキーワード選定がサイトの運営と合っているか、文字数が少なすぎないか、記事の内容はキーワードに合ったものかなどをチェックしていきましょう。

ただ、ダイエットやクレジットカードなどは検索も多いキーワードとなるため、中々伸びないことが大前提で、これらの要素が関係なく、単純にページが他の上位ページに比べて弱いというのも考えられます。

 

3ヶ月後の季節・イベントを意識して記事を執筆する

shutterstock_418674916

Googleがサイトの記事を正しい順位で認識するのは基本的に3ヶ月後、と言われています。

ということは、今、7月だとしたら「日焼け止め」など夏に関係のあるキーワードで記事を書いて言っても遅く、7月であれば3ヶ月である10月に検索されるキーワードの記事を書いていく方がアクセスのアップを見込めるのです。

「今」のアクセスではなく、3ヶ月後のアクセスを狙っていく考え方は非常に重要な考え方になります。

この時に「季節」や「その時期だけにあるイベント」に関するキーワードで記事を書いていくことで、爆発的なアクセスを見込めるのでサイトを大きく成長させる収益化へとつなげることができます。

ただ、欠点としてはその時期を過ぎてしまうと、やはりアクセスが下がってしまう、ということ。

とはいえ、3ヶ月先の記事を常に仕込んでおく意識を持っておけば、1年経てば、1年中のキーワードを網羅することができ、大きく稼ぐサイトへと成長させることができるわけです。

このように季節やイベントを利用して、アクセスを集めるのはかなり有効な手法となりますので、ぜひ取り入れてみてください。

特に、トレンドアフィリエイトで総合的に情報を扱うまとめサイトであれば書きやすいでしょう。

しかし、この季節を利用したアクセスアップを狙う手法も、他のページより優れているかどうか、が上位表示の鍵となるのでキーワードごとにライバルチェックを欠かさないようにしましょう。

 

ということで、今回はアフィリエイトに関して徹底検証していきました。

何度も言いますが、ネットビジネスはビジネスであり、魔法ではありません。

アフィリエイトの場合は、あなたが人を集める役割をして、企業の広告を紹介するというビジネスモデルになりますので、まさにテレビ局のような役割を個人で担うといっていいでしょう。

アフィリエイトで稼げるのか、稼げないのか、今回の記事を読んでいただいた方にはわかるかと思いますが、「本当に自分次第です。」

生半可な気持ちで取り組んだら絶対に稼げないのでやめておいたほうがいいでしょう。

ただ、本気で取り組んで人々にとって価値のある情報を届けれるサイトを作ることができれば、もちろん、雇われてもらう給料よりもはるかに大きく稼げるようになる、というのがこのアフィリエイトビジネスなのです。

今回のお伝えした内容を踏まえて、挑戦してみたいのであれば、ぜひチャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか。

関連記事

  1. アフィリエイト初心者が稼ぐためにまずすべきことは?

  2. 大きく稼げる“可能性”はあるアフィリエイト

    どうしてアフィリエイトは初心者には稼げないのか

  3. YouTubeで稼ぐ方法!どんな動画をあげればいいの?

  4. LINE BLOGの特徴・仕組み

    LINE BLOGの仕組み!メリット・デメリットを徹底検証!!

  5. 【必見】主婦にネットビジネスをおすすめする3 つの理由!

  6. せどり コツ

    せどりのコツとは?初めてせどりをやる方が成功するためには?

おすすめ記事

  1. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポイントを徹底解説!
  2. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!
  3. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取り組むべきものは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る