閉じる
  1. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポ…
  2. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹…
  3. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取…
閉じる
閉じる
  1. YouTubeで稼げない人の共通点5選!
  2. YouTuberで稼ぐための5つの成功ポイント
  3. 仕事を辞めたい!後腐れなく綺麗に会社を退職する方法!
  4. YouTuberになるには?YouTubeで稼ぐための流れ!
  5. YouTuber収入ランキング!はじめしゃちょーの年収は?
  6. 最近話題の暗号通貨とはいったい何?
  7. サラリーマンの副業は時間がカギ!時間を作る4つの方法!
  8. どうしてアフィリエイトは初心者には稼げないのか
  9. ネットビジネスは詐欺なのか?稼げるのか?事態に迫る!!
  10. 転職で年収アップは見込めるの?賢い転職をする5つのポイント!
閉じる

マネーandビジネス

年収300万では住宅ローンはどれぐらい組めるのか?

年収300万では住宅ローンはどれぐらい組めるのか?

実は人数比で言うと、一番多いのが年収300万円台。全体の約10%弱程度の割合の人が、年収300万円台という統計結果が出ています。そんな年収300万の人が一番気になるのは、住宅ローンが組めるのか、かも知れませんね。そこで、年収300万の人の住宅ローン事情について調べてみました。

 

■借りられるローン金額の目安

借りられるローン金額の目安

年収300万の人が借りられるローンの金額は、ズバリいくらです!と言うことはできません。月々の返済金額や返済年数によっても異なるためです。ただかなりざっくり言うとすれば、「年収の5倍」と言われているようです。つまり、約1,500万円。もちろん条件によっては、これ以上借りることも可能なこともあります。ただし当然ですが、借りる金額が大きくなれば返済金額が大きくなったり、返済年数も長くなりますので注意が必要です。

 

■年収300万の人が住宅ローンを借りるときによくあるケース

両親からの資金援助

年収が300万円台の人が住宅ローンを借りるとき、よくあるケースは両親からの資金援助です。いくらローンが組めるとは言え、返済金額は少ないに越したことはありません。または頭金が多いほど良い(=高い)物件を購入することができます。両親から贈与を受ける場合、金額によっては贈与税が非課税になりますので、相談してみても良いかも知れませんね。ただし、いつマイホームを購入するかによって非課税になる金額の上限が異なりますので、詳しくは国税庁の情報をご確認ください。

 

■年収300万の暮らしぶり

実際にはどれぐらいの金額を返済に充てられるのでしょうか?年収300万の人の暮らしぶりを見てみましょう。

額面の年収が300万の場合、税金などを引かれた後の手取りは約80%ほどになりますから、約240万円が手取りになります。ボーナスなしの場合は手取り月収20万、ボーナスとして1ヶ月分が年2回支給される場合は約17万となります。

モデルケースとしては以下のような支出になるようです。

手取り:17.0万円

家賃 : 8.0万円
食費 : 3.0万円
光熱費: 1.0万円
通信費: 1.0万円
貯金 : 2.0万円
その他: 2.0万円

いわゆるお小遣いは「その他」の中から出ることになります。もしお小遣いを増やしたければ、家賃や食費を抑えるしかありません。住宅ローンを組む場合、金利や返済年数によって変わりますが、家賃の8万円分を充てれば問題なさそうです。逆に月々の返済金額が8万円以内に収まるローンでなければ厳しいとも言えるかも知れません。

 

■年収300万の人の取るべきアクションとは?

年収300万の人の取るべきアクション

年収300万では将来が不安、という方も多いと思います。そこで今後どうすれば良いかについて、取るべきアクションは以下の4つが挙げられると思います。

 

1.支出を減らす

年収が300万、あるいは200万円台でも、貯金をしながら普通に暮らしている方もいます。その秘訣は何と言っても支出を減らすこと。徹底的に支出を見直すことで、無駄を削減することができます。最初は窮屈に感じるかも知れませんが、意外とすぐに慣れるもので不便さを感じなくなるようです。ポイントは買うことを我慢するのではなく、お金を使ってしまいそうな場所に出掛けないことです。

 

2.資産運用する

資産運用と聞くと株式などの投資を思い浮かべるかも知れませんが、そうではありません。もっと堅実な方法を選択した方が良いでしょう。支出を減らすことと合わせて、貯金は外せません。月に1万円でも貯金しておけば、将来にきっと助けられるときが来ると思います。

意外と見落としがちなのは、節税に繋がる資産運用。将来を見据えるのであれば、確定拠出年金を利用すれば、貯金+節税の効果が得られます。また昨今よく聞く「ふるさと納税」も有効です。節税できる上に納税地の食物などを手に入れることもできますので、一度調べてみても良いと思います。

 

3.転職する

生活水準はキープしたいのであれば、年収を上げることを考える必要があります。その時に一番手っ取り早いのは転職することです。自分が持っているスキルに大いに依存しますが、調べてみれば今よりも年収が高くなる会社に転職することができるかも知れません。聞くことはタダですから、一度転職エージェントに聞いてみても良いでしょう。

 

4.副業する

転職が難しい、あるいは転職したくないという場合は、副業というのも選択肢の一つです。今の世の中、インターネットを使った副業はいくらでも見つかります。在宅で作業をするタイプ、インターネットメディアを利用して広告収入などを得るタイプなど様々です。こちらも興味があれば、一度調べてみることをお勧めします。

 

今の平均年収は、400万円台前半。しかし今後、年収は300万円が標準的になるとも言われています。まだ20代なのであれば、今後の活躍によって昇給の可能性は高いと言えますが、なかなかすぐには増えるものでもありません。現在の生活を見直す、あるいは年収を上げるための行動を起こすなどして、憧れのマイホームを手に入れてくださいね!

関連記事

  1. 年収500万円の人の家賃ってどのくらい?平均から理想まで全部公開…

  2. 年収450万円の生活は苦しい?その生活の実態をご紹介します

    年収450万円の生活は苦しい?その生活の実態をご紹介します

  3. 年収比較 メーカー編

    年収比較 メーカー編

  4. 年収500万の人のライフスタイル

    年収500万の人のライフスタイルは?

  5. 年収 低すぎ

    年収が低すぎることにどれだけの人達が困っているのか?

  6. 年収の調べ方についてまとめてみた、社会人1年目の方必見

おすすめ記事

  1. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポイントを徹底解説!
  2. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!
  3. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取り組むべきものは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る