閉じる
  1. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取…
  2. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹…
  3. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポ…
閉じる
閉じる
  1. YouTubeで稼げない人の共通点5選!
  2. YouTuberで稼ぐための5つの成功ポイント
  3. 仕事を辞めたい!後腐れなく綺麗に会社を退職する方法!
  4. YouTuberになるには?YouTubeで稼ぐための流れ!
  5. YouTuber収入ランキング!はじめしゃちょーの年収は?
  6. 最近話題の暗号通貨とはいったい何?
  7. サラリーマンの副業は時間がカギ!時間を作る4つの方法!
  8. どうしてアフィリエイトは初心者には稼げないのか
  9. ネットビジネスは詐欺なのか?稼げるのか?事態に迫る!!
  10. 転職で年収アップは見込めるの?賢い転職をする5つのポイント!
閉じる

マネーandビジネス

副業と源泉徴収で引き起こる問題!その問題点と解決法をご紹介します

副業

「今の給料では足りない!!」そう思っている方は一度でも副業をしようかな、と考えたことはないでしょうか。アフェリエイトや円相場、ヤフオクなど世の中にはたくさんの副業はありますよね。副業をしてたくさん稼げてよかったと思ったのもつかの間、副業でも源泉徴収されていることに気づきます。「源泉徴収されることにどんな問題があるの?」と思う人も多いでしょう。そこで今回は源泉徴収されることで困る理由を説明し、その回避策についてご紹介します。

 

副業でも源泉徴収は引かれる?

源泉徴収

たとえバイトだとしても源泉徴収しない会社というのはほとんどありません。その金額が少なくても源泉徴収票が発行されます。支払金額は給与や報酬といった項目によって変わりますので注意が必要です。税金を納め過ぎた場合は年末調整によって還付されます。逆に納めた額が少なければ差額分を納める必要があります。

 

源泉徴収されると何が困る?

源泉徴収されて困る

源泉徴収は給与所得者であれば誰でもされているので、なぜ副業だけ問題になるの?と思う方もいるでしょう。なぜ副業で源泉徴収されると問題になるかという、住民税の額によって会社に副業がバレるからです。企業は毎年、源泉徴収票を市町村に送り、住民税が毎月の給与から落ちるようにします。その手続きをすると、各市町村から収入に対して毎月いくら課税しなければならないかの連絡がくるのです。その収入が会社が払っている収入よりも多ければ副業をしたとすぐにバレてしまいます。ほとんどの企業が副業を禁止しているわけですから、会社に副業がバレたらその後どうなるかだいたい分かりますよね。

 

源泉徴収されても副業がばれない方法は?

ばれない方法

問題は住民税なのですから住民税を自分で納付すれば良いと考えるのは当然ですよね。実際に確定申告の際に「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」を自分で納付にすれば万事オーケーだと思う方が多いでしょう。しかし、市町村によっては「自分で納付」を受け付けない所もありますし、強制的に会社の給与から天引きされるということもあるようです。

例えば、埼玉県、茨城県、栃木県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、長野県、青森県、宮城県、山形県、熊本県、兵庫県、鳥取県、大分県、沖縄県などは「自分で納付」が選択できません。これらの都道府県では給与から天引きする「特別徴収」が推奨されているのです。私が住んでいる横浜市でも平成27年から普通徴収は選択できなくなりましたので、この流れはどんどん広がっていくと思われます。そういう意味では絶対に会社にバレない方法というのは無いと言えるかもしれません。

関連記事

  1. 不動産投資ってやっぱ難しい?失敗してしまう人の特徴とは?

  2. 副業の確定申告しないとどうなるの?逮捕されちゃう?

  3. 社会人,副業,アルバイト

    社会人が副業でアルバイトをしたらばれる?ばれない方法は?

  4. 儲かる ギャンブル

    一番儲かるギャンブル、失敗しやすいギャンブルは何?

  5. 株,初心者,本

    株の初心者が絶対に読んでおきたいおすすめの本5選!

  6. 転売ビジネスにおけるブログの活用法

    転売ビジネスにおけるブログの活用法

おすすめ記事

  1. 【2016完全版】サラリーマンの副業で最も熱いのは?大きく稼ぐ18のポイントを徹底解説!
  2. 【2016年完全版】アフィリエイト大百科!稼げない理由から始め方まで徹底検証!
  3. 【2016年保存版】ネットビジネス徹底解剖!初心者が確実に稼ぐために取り組むべきものは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る